ノマド的ライフスタイルを手に入れる方法

最近流行りの「ノマド」。

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。

(コトバンクより抜粋)

そこから派生したのか、場所や時間に囚われない生き方の総称みたいになっております。

誰でも場所や時間に囚われない生き方には憧れると思いますが、実際はなかなか難しいでしょう。

脱サラしてノマドスタイルを実行してる方もいらっしゃいますが、本当にちゃんと稼げて上記のような生活をできているのは極僅かな限られた人だけ。それが現実です。

しかし、私はサラリーマンでありながら、ノマドスタイルに近い働き方をしています。

年収もそこそこあり、時間もわりと融通が効き、休日は完全消化で自己啓発に当てたり、子供と戯れたり。子供の行事にはほとんど参加しています。残業も同僚に比べると少ないです。他の同僚はかなり残業もしていますが、私は帰れる時はサクッと帰ります。

そういったライフスタイルを実現させるテクニックなどをお伝えしていきたいと思っております。

今日、12月3日は新月で何かを始めるには一番いい時。
本日から毎日更新を目指します。

過去、1年ちょっと毎日更新していたこともありますので、不可能ではないと思います。

皆さんのお役に立てる情報を発信していきたいと考えております。

まずはノマド的ライフスタイルを実行するにあたって
私の人生に大きな影響を与えた本を三冊紹介します。

1.7つの習慣

使える所満載のバイブル的な一冊。
私が一番この本を読んでから心がけているのは
「第二領域」に立ち続けること。
緊急ではなく、重要なことをいかにして続けるか、
緊急で重要なことや緊急ではあるが重要ではないことを
していないかを常に考えております。
超オススメの一冊。

2.思考は現実化する
分厚いのでなかなか全部を一気に読めませんが
読み返すたびに、新たな気付きがある不思議な本。
自分のステージが分かる一冊。

3.原因と結果の法則
いわゆる引き寄せの法則について書かれた本。
多少スピリチュアルな面もありますので、
わからない人にはわからないかもしれませんが、
大切なことが書いてあります。

明日からも色々な情報をお伝えしていきます。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です