商品の値段ってどうやって決まる?

売っている商品には必ず価格が付いています。
この価格はどうやって決まるのでしょうか。

基本的には需要と供給で価格が決まっていきます。
需要と供給の曲線がクロスする所に価格が落ち着くのです。

もちろんそれ以外にも様々な要素があります。

そのうちの最も大きなものが原価です。

仕事柄、衣料品や雑貨、食品の価格や原価については
大体わかるようになってきましたが、
まだまだわからないものもたくさんあります。

商品の原価について書かれた記事を見つけたので紹介します。

こちら

商品の原価を知ると、とても面白いです。
買い物するときも原価を考えながら買い物すると楽しみが増えると思います。

逆に原価が安過ぎてもったいなくて買えないものも出てくるかもしれませんね(^^ゞ

ちなみに食べ放題で元を取るのは至難の業ということもわかります。
お相撲さんぐらいなら元を取れるかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です