枕元に置いてあるもの

私の寝室の枕元に置いてあるものも紹介します。

・iPhone
・iPad(初代)
・iPad mini Retina
・PSP
・水晶とチューナー
・メモとボールペン

お気づきかもしれませんが電源を使うガジェットが4つもあります。

そこで活躍するのがこちらの三叉タップ。

三叉タップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイソーで税込157円で販売しています。

差込口が一方向に全て揃っているので大変使いやすく見栄えもいいです。
出張先のホテルなどでも大変重宝します。

三叉タップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

apple関連の充電器を挿すとこんな感じに。

初代iPadは時計がわりに使っています。
こちらにはTouch LCDと言うアプリを入れて常に起動させています。

デザインが格好良いのと、スリープモードにすると
輝度が一気に落ちて暗くなってくれます。寝る際には大変重宝します。

比較画像
ノーマル

TouchLCD

 

 

 

 

 

 

 

 

スリープモード

TouchLCD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また画面に触れると音声で時刻を教えてくれるので目をか開ける必要はありません。

とてもよくできたアプリです。

iPhoneは目覚ましとして使っています。
こちらはSleep cycleと言うアプリを使っています。
iPhoneを使い始めてからほぼずっと使い続けています。
未だにこの睡眠アプリを超えるものは出てきていません。
睡眠ログをとってくれる大変すばらしいアプリです。
また時刻を設定した30分ぐらい前から
眠りの浅いタイミングで音を鳴らして起こしてくれるので目覚めも快適です。

iPad miniは寝る前にSNSやニュース、
メールをチェックをしたり本を読んだりするのに使っています。

PSPは寝る際にpodcastを聞きながらタイマーをかけて寝落ちします。

水晶とチューナーは毎晩10分間瞑想をしていますのでその時に使います。

メモとボールペンは見た夢を書き留めたり、思いついたアイデアを書き留めるのに使っています。
8割以上は後で見ると何を書いたかよくわかりませんが、時々ハッとするようなことが書いてあります。

iPhoneのsleep cycleは特にお勧めですのでiPhoneユーザーの方はぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です