妻と幼い娘を連れて初の海外旅行に行って来た −3−

妻と幼い娘を連れて初の海外旅行に行って来たので忘備録として書きます。
もし、幼い子どもがいて海外旅行行こうかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

お役立ちポイントは一番最後にまとめましたので、時間のない方はそちらをどうぞ。

11月27日(金) 3日目 最終日。

早いものでもう最終日です。
今日は友人の家の近くでゆったり過ごす予定を組みました。

今日も朝食は奥様の手料理の日本食です。子供達も喜んで食べてくれました。
うちの娘たちは見慣れないものはなかなか口にしないので本当にありがたかった。
朝食の後、外に出て軽く散歩。この辺の公園にはリスが出没します。
日本ではあまり見かけませんが、海外では野良リス?を結構見かけます。
こちらのリスはかなり大きく、下の娘は少し驚いていました。
一旦家に戻りプールの準備。みんなで着替え。
日差しが強いのでラッシュガードはあったほうがいいでしょう。

20141128-040 copy

 

 

 

 

 

 

 

 

コンドミニアムの敷地内に大きなプールがあります。行ったら私たちしかいませんでした。

贅沢なことに広いプールを貸切で使うことができました。

娘たちは大喜びです。私も久しぶりにゆっくりリラックス。
青空、快晴の下プールでぷかぷか浮いているのは本当に気持ちが良かった。
1時間半ほどプールに使ったり、プールサイドで寝そべってたりしながらくつろぎました。
その後いったん家に戻って食事に出かけました。

訪れたのはタクシーで20分ほどのエンパイアというショッピングモール。

ここのモールにはルイヴィトンやグッチなどの特選ブランドは入っていませんが、
百貨店に入っているようなブランドはいくつか入っていました。
イオンのモールよりは上質といった感じかな。

昼ごはんは台湾に本店がある鼎泰豊で食事。
小籠包がとてもおいしいお店。
日本にもお店がありますが、現地よりかなり高い値段です。
マレーシアでは台湾現地と日本のちょうど中間位の値段だったような気がします。
今は円安なので少し高く感じますね。現地ではそこそこの高級店と言う位置づけでしょうか。
小籠包、野菜炒め、チャーハン、ラーメンなどを頼みました。
娘たちは気にいったようでおいしいおいしいとたくさん食べてくれました。
特に小籠包は美味しかったようで多めに頼んだのですが全て平らげました。

さて、食事を終えて最後の買い物です。

マレーシアの雑貨がみたかったので雑貨店などを見て回りました。
途中、靴屋があったのでサンダルを物色。こちらは1年中夏なのでサンダルの種類が豊富でお値打ち。
思い出に家族でサンダルを買いました。履く時にこの旅行を思い出すことでしょう。
その他、娘たちの髪留めなどを買いました。
上の娘に「This one please」と言ってみと教えたらちゃんと店員さんに話してました。
貴重な体験だったと思います。

本屋にも立ち寄りましたがほとんどビニールのカバーがしてあって中が見れなかったので買わずに帰ってきました。
塗り絵が欲しかったのですが少し残念。

スタバで友人がお土産にとスタバのマグカップを買ってきてくれました。
とてもおしゃれにマレーシアがデザインしてあり、メチャ素敵です。
とても嬉しかった!マレーシアのお土産としては最適だと思います。
コーヒーを飲む方はぜひスタバを訪れてみてください。

14時半にショッピングモールを出発。ここでもEASY TAXIを利用。
10分ほどでタクシーが到着。
帰り道は行きよりかなり時間が短かったので友人に聞いたところ、
道路が一方通行のところがあり行きはどうしても遠回りになるとの事。
ぼったくってるわけではないようです。

家に到着し軽く荷造り。
娘たちがまたプールに行きたいと言い出したので同行することに。
スコールが降っていましたが気にせずプールで泳ぎました。
気温は高いので寒くはありませんでした。
どうせ濡れるので雨はあまり気になりません。
ただし雷には注意したほうがよさそうです。
この日は遠くに雷が鳴っていたので大丈夫でしたが近い場合は

プールは危険ですので避けた方が賢明です。

1時間ほどプールで遊び家に戻りました。

その後は少しゆったりと時間を過ごし夕食。
今夜も友人の奥様の手料理です。本当にお世話になりっぱなし。
美味しく娘たちも口にあったようで喜んで食べていました。

帰りのフライトは0時45分なので2時間前の22時45分には空港に行かなければなりません。
友人の家からはタクシーで約1時間位の場所にあるのですが、時間によっては渋滞があるらしいので
余裕を持って20時45分に出ることに。

呼んだタクシーがかなり小型でスーツケースが入らないかと思いましたが何とか助手席を利用し出発。
友人とはここでお別れです。短い間でしたが本当にお世話になりました。
友人のガイドで安心してマレーシアを楽しむことができました。感謝感謝。

空港までは高速道路が通っており、渋滞がなければ50分ほどで着くとのこと。
しかしこの日も1部渋滞をしていて少しヒヤヒヤしましたがほぼ予定どおり1時間で到着。
タクシーの運転手は陽気なおっちゃんで訛った英語でいろいろ話しかけてくれました。
旅行の最後が楽しい運転手で良かった。

クアラルンプール国際空港は航空会社によって1 と2に分かれますが
エアアジアは2の乗り場になりますのでタクシーにはしっかりと番号を伝えましょう。
チェックインは夜にもかかわらず15分ほど並びました。
カウンター受付でわかったのですが中国人のグループがカウンターで揉めてました。
そのため待ち時間が長くなったみたい。
どうやら荷物の重量オーバーで金額を払う払わないで揉めていたようです。

預ける荷物は制限重量が20キロなのですが片方の荷物が19.1キロ。
行きと比べてそんなに増えていないはずなのですがなぜか1キロほど増えていました。
もうひとつ荷物はまだ余裕があったのでいざとなればそちらに移動させればいいのですが
カウンターで荷物を開けて移動させるのは格好悪いので助かりました。

下の娘は完全に眠っていて、ずっと私が抱っこ。
ここの空港はかなり広いので歩く距離も長く、かなり大変。
深夜便なので予想はしていましたが、体重が16キロあるとやはり重いですね。
上の子は眠い目をこすりながら何とか起きていてくれたので本当に助かりました。
これで2人ともてたら、どうにもならなかったので、ありがたかった。
ご褒美に上の娘には日本に帰ってから妖怪ウォッチの本を買う約束をしました。

予定よりかなり早く着いたので離陸まて時間があったのですが下の娘は眠っていますし、
特に買うものはなかったのでそのまま出国手続きのカウンターへ。
マレーシアは出国のチェックが日本に比べてめちゃくちゃ甘い。
モニターをチェックする人は全く見ておらず、隣の人とずっとおしゃべり。
ですのでペットボトルなどを持ち込んでも全然大丈夫だと思います。

現地のお金が若干残っていたのでギリギリまで使い切るべく免税店で紅茶などを買いました。
販売員のレベルは日本と比べて相当低くスタッフは店の商品棚に腰掛けて
座ってみんなでおしゃべり。
日本ではあり得ませんが海外ではこれが普通なのかもしれません。
日本の接客サービスが改めて素晴らしいことがわかりました。

下の娘が完全に眠っているので搭乗口まで移動することに。
日本人が多いかと思いましたが、私の予想は外れて日本人はまばらで
おそらく中国人もしくは現地マレーシア人の方々が大半。
今は円安ですし航空代金も安いので気軽に日本へ行けるのかも知れませんね。

飛行機は定刻通り離陸。すでに現地時間の2時過ぎですが、まだ上の娘は起きていてくれました。
人生で一番の夜更かし。

飛行機が安定しライトが消えたところから眠りにつきました。
帰りは少しいい席を選んで前に席がなく足が伸ばせたので楽に過ごせました。
ただ横との仕切りが動かせないので娘たちは窮屈だったようです。
メリットとデメリットがありますね。

事前にweb注文で食事を頼んでいたのですが
行きの便でとても食べれたもんじゃないと分かったので食事は断りました。
ついているミネラルウォーターだけいただきました。
高いミネラルウォーターになりましたが、これも1つの経験。
次回からはLCCでは食事は頼まないことにします。

今回はBOSEのノイズキャンセリングイヤホンのおかげでとても静かな環境を
手に入れることができたのでしっかり眠ることができました。
音に関してこれほど快適な飛行は初めてかもしれません。
それほどこのノイズキャンセリングイヤホンは凄い性能!
飛行機に頻繁に乗る方は絶対お勧めです。

飛行機は定刻より20分早く中部国際空港に到着。
到着口は帰りも一番遠いゲートでしたのでかなり歩きました。
入国審査は日本人専用のゲートがあり全く待つことなくスムーズに取れました。
しかし荷物がなかなか出てこずドキドキしましたが最後の方でやっと荷物が出てきました。
荷物を受け取って食事のため4階のデッキへ上がりました。

そこでまた友人に遭遇。
普通なら驚くのですが、マレーシアで知り合いに会っているので名古屋で会うのは
そう珍しいことではないと思ってしまいました。
人間ってアンカリングされる生き物ですね。
少し前に転職してヒルトンのコンドミニアムを紹介する仕事をしているとのこと。
オススメのお店を聞いて和食カフェへ行くことに。
うどんとおにぎりをいただきましたが、お腹が空いていたのでおいしくいただきました。

ただマレーシアでもほとんど日本食だったので、
過去海外旅行から帰ってきた時に日本食を食べたような感動はありませんでした。

帰りの電車は中部国際空港が始発なので指定席は買わず自由席の特急で帰りました。
帰りも雨が降っていてタクシーを利用しました。駅から自宅までは数分なのですが500円。
マレーシアだと30分以上走れます。日本はやはり物価が高いですね。

10時過ぎに自宅に無事到着。2泊4日の弾丸旅行でしたがとても楽しいひとときを過ごすことができました。
今回私1人で行こうか家族で行こうか大変悩みましたが結果として家族で行って本当に良かったと思います。

友人の家を訪れたということもありますが、子連れ旅行でも何とかなります。
娘たちはとても刺激を受けたようで、連れて行って良かった。

下の娘はおそらく覚えてないかもしれませんが、潜在意識の中では何かが違ってくるのではないかと思われます。

子連れで海外へ行こうかどうしようか迷っている方、思い切って一緒に行ってみてください。
1人で行くよりずっと楽しい旅になるはずです。思い出も何倍にもなることでしょう。

このブログがそういう方にとって役に立てれば幸いです。

まとめ

・午前中は天気がいいことが多いのでプールに入るなら午前中がオススメ

・プールに入るときは日差しが強いのでラッシュガードをオススメします

・マレーシア料理は美味しいのですが、香辛料が強いので幼い子どもは苦手かも。
そういう時は中華、台湾、イタリアンの有名店がオススメです。

・自分たちへのお土産はサンダルが種類豊富でオススメ。
コーヒーを飲む方はスタバグッズがGOOD!

・タクシーは小型の車種も多いので、スーツケースは小さめの方がいいです。
2つ大きいタイプだと乗らないかもしれません。

・タクシーで空港へ行く際は渋滞が結構頻繁なので余裕をもって出かけたほうがいいです。

・BOSEのノイズキャンセリングイヤホンは超絶オススメ。
静かな環境が手に入り、深夜便なら熟睡できます。

・こどもが幼いうちに、なんとかして家族一緒に海外へ行きましょう。
子どもたちのためにもなりますし、思い出もいっぱい!

・学校を3日休ませましたが、全然大丈夫です。
それよりもずっと大切な何かを得られます。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です