娘とばあちゃん60歳差、LINEで会話が成り立ってる件

 

上の娘、7歳、私の母、すなわち、ばあちゃん67歳。
歳の差は60歳。二人ともイノシシ年。
ちなみに妻もイノシシ年なので、3代続けてイノシシなんです(^_^;)
イノシシ3代は家庭が繁栄するとかしないとか。
それはさておき、最近、娘とばあちゃんがLINEで頻繁にやりとりしてる模様。

どうせ、適当にスタンプぐらい押してるのかと思っていたのですが、
今日、会話を見せてもらったら、いやいやどうして真っ当な会話になっていたのでビックリ。

娘の文章がほぼ完璧で漢字をいっぱい使っていることに驚き。
習っていない漢字も変換されれば読めるみたい。

67歳でiPod touchでLINEを使いこなしている我が母にもちょっと尊敬。

今回の会話は去年娘がプレゼントしたローズマリーの種を植えたら
芽がでてきたという話から始まったようです。

画像を紹介します。

まずこの写真からスタート。

芽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話が始まりました。
会話1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の会話辺りから、娘が漢字を使い出したのでばあちゃんはどうやら妻が代理で打ち出したと思ったみたいで、
漢字を交えて返信してきました。

会話2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「手をわずらわせてごめんね」と
娘が打ったのではなく妻が打ったと思い込んでます。
そして一人で送っているとの投稿に驚いて

会話3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りからどうも相手が7歳だと忘れたようで、漢字使いまくり。
ばあちゃん、これは、さすがに7歳には読めないで(笑)

会話4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と今回はここまで。

娘もばあちゃんもフリック入力してます(^_^;)
ばあちゃんには私が教えました。
娘はiPhoneネイティブなので、勝手にマスターしたみたい。
長押しするとあいうえおと出てくるのでそれで分かったみたいです。
小さい頃からiPhoneには触らせてます。
ただし、一日15分と時間を決めて。
最近は15分の限られた時間のほとんどをYOUTUBE観てます。HIKAKINとかめっちゃ観てます(^_^;)
検索は音声認識で。出てこないとフリックしてます。
本当に飲み込みが早いなぁと。
直感的に使いこなしているようです。

ばあちゃん=母も最初はスマホなんか使えないと断固拒否してました。
私が、今後は全部スマホになるから、それまでに練習をと説得し、
とりあえず、セッティングしたiPod touchを渡しました。
渡すときには使ってもらえるようメリットをたくさん伝えました。

◯携帯電話より孫の写真が綺麗に大画面で観られる
◯孫とテレビ電話ができる
◯メールよりはるかに簡単に連絡のやりとりができる
◯ちょっとした調べ物も簡単
◯音声認識もできるので打たなくてもほとんど大丈夫

てな具合で。

母はもともと器用な方でしたが、さすがに年齢も年齢なので、
どうかなぁと思っていましたが、やはり孫とのやりとりをしたいという
動機はとても強く、あっという間に上達しました。

娘もばあちゃんと文字で会話したいとの一心で入力を覚えたみたい。

で、思ったわけです。

私の周りでもそんな年齢いってないのに
「私は歳だからメールできない」とか
「スマホは必要ないから持たない」とか
色々できない理由や要らない理由をたくさん述べる人が
本当に多いです。

まずは持ってみたら?と思うのと、
残念なことに孫とやりとりしたいとか、
便利に使ってみたいとか、
そこまで強い動機がないんだなぁと感じた次第です。

今回の件で、何事もやはり、動機は大切だなぁと。
どうしてもやりたいこと、やらなければならないことがあれば
人間は必死になってそれを覚えたり習得したりするんですよね。

私もいくつになっても動機を見つけて学ぶ姿勢を忘れないよう頑張ります!

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です