小川晋平さんの講演を聴きました

小川晋平

 

 

 

 

 

 

仕事前の朝活で小川晋平さんの話を聴いてきました。

プロフィール

小川晋平(おがわ・しんぺい)

慶應義塾大学経済学部出身。
17歳の時にオンライントレードを始め、
大学進学時には億を動かすデイトレーダーになるも、
ライブドアショックでご破算に。借金を背負う。

IT系ベンチャー企業でSEとして勤めたのち、
他企業のオフィスを間借りして初期投資ゼロのコールセンターを24歳で起業。
26歳で六本木ヒルズにオフィス移転。
28歳で社外取締役含め9社に関与する。
自身も時価総額日本Top10企業含む一部上場企業のコンサルタントとして活動。

ライフワークとして起業家、起業志望者と「成果が出る習慣」を学ぶ『チーム100』を主催。

とのこと。
一件怪しげなプロフィールですが、実際お会いしたら素敵な方でした。
若いのにしっかりビジョン持ってるし、話も無駄がなくて面白い。
こんな若者もいるんだなぁと感心しました。
しかも一児のお父さん。いやはや堅実です。

話はワークがあったり、軽い内容があったり、
所々で笑いを取ったり飽きさせない内容でした。




その中からいくつか紹介。

自己紹介は型を持つ。
これからも何度も使うのでしっかり準備しておく。
テーマは立体的に。
アナタ(相手)に提供できる価値を伝える。
前職何してたとか過去のことを伝える。
いかに記憶に残してもらえるかが勝負。

エネルギーを使わなくても当たり前にできることを習慣という。
限られた時間と限られたエネルギーを活かすために習慣化する。
対象範囲は
朝起きてから寝ている間まで24時間の使い方すべてである。
夜は疲れているので作業効率が落ちる。
遅くまで残業しても絶対に仕事は捗らない。

常に疑問系を持っておくとフックがかかる。
?マークは鈎(カギ)になっている。
多くの方は!(エクスクラメーションマーク)で終わる。
いかに!ではなく?の思考を常に持つか。

コントロールできることをやる。
始める、増やすのではなく、入れ換える。
朝4時に起きようとするなら22時には寝ないと6時間の睡眠時間が取れない。
寝る時間を変えれば4時起きは簡単。

人の話を聴く時に使いたいフレーズ

3S すごい、さすが、素晴らしい
この3つで相手は気持ちよくなる。
夜の蝶の世界では常套手段。
ただし、この3つにどうやっても当てはまらないときは

1S そうきたかぁ〜
を使う(笑)

何にしてもやらないと人生は変わらない。
どんな小さなことでもいいので、今日から入れ替えるものを決める。

さて、あなたは何を入れ替えますか?

小川さんの著書はこちら

すでに読みましたが内容については後日レビューします。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です