Amazonがいよいよ消費税を納めるようです

Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazonがいよいよ消費税を納めるようです。

従来は消費税法施行令第6条第2項第7号により、
サービス提供者の本店所在地が米国であることから、
国外取引として不課税取引としていました。

というわけでAmazonは消費税を納めていませんでした。
法律上、問題なかったわけですが他の日本の小売企業からは不公平だと
指摘されておりました。

今年の税制改正で消費税を納めざるを得なくなったようです。

2015年の税制改正により、国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直しが行われました。
従来は、消費税法施行令第6条第2項第7号により、サービス提供者の本店所在地が米国であることから、
国外取引として不課税取引としていました。
今回の税制改正に伴い、2015年10月1日以降のご利用分よりAmazon.co.jpの出品サービスにおける
販売手数料等について出品者様へ消費税をご請求させていただきます。




出品者へ負担が来るようですので値上がりは必至。
10月のタイミングなのか、それを見越して早めから値上げするのかはまだ読めませんが、
どちらにせよ、近々値上がりするのは間違いないと思われます。
もちろん、ヨドバシ・ドット・コムなど他との競合もありますので、
全品を値上げするとは思われませんが、こそっと値上げされている可能性が高いです。

Amazonしか売っていない商品で欲しいものがあれば、
今が買いどきかもしれません。

ほな!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です