日本のハロウィンについて思うこと

今年もハロウィンの季節が終わりました。
日本のハロウィンパーティーは年々おかしなことになってきてます。
本来は仮装した子どもたちが各家庭を廻ってお菓子をもらうイベントなのですが、何故か日本では大人の仮装コスプレイベントがメインになりつつあります。

hal

ハロウィンとは(ウィキペディアより)

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

コスプレイベントに異議を唱えるつもりはありませんがハロウィンパーティーに乗っかって欲しくない。
他の時期にどうぞ好きなだけ仮装していただきたい。

なぜ、こんなに日本で大人の仮装が流行るのか考えてみました。
私が考えるにこれは「リアルなツイッター状態」ではないかと。

仮装することにより自分の「実名」が消え「匿名」になり、誰なのか一目では分からない状態になります。
これにより普段はできないような恥ずかしいことやモラルに反したことをしても平気でできてしまうのではないかと。

渋谷の街に集まってゴミだらけにしてそのまま帰っても、通行の邪魔をしても、店に入って無礼な態度をとっても仮装してたら誰か分からないだろうと。
そんな感じではないでしょうか。
礼儀正しく仮装を楽しんでおられる方が大多数ではありますが中にはモラルやマナーが欠如した方がおられるようで。

こういった行為は日本人として恥ずかしいので本当に止めていただきたい。
本来のハロウィンを歪めないでいただきたい。
子どもたちと楽しく過ごす日にしませんか。

この手のイベントに乗っかってくるAKB48も正直うんざり。
こういう嗅覚に優れた秋元康氏にはある意味尊敬しますが好きにはなれません。

西川貴教さんが先日この件に関してツイートされてましたが激しく同意します。

来年は本来のハロウィンパーティーに近づいて欲しいと切に願います。
無理だとは思いますが少しでも変わればと。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です