Facebookがトリコロールカラーに染まっている件

フランスのパリで大規模な同時多発テロ事件がありました。
事件に巻き込まれ亡くなられた方には心からお悔やみ申しあげます。
また負傷された方は一日も早い回復をお祈りしております。

テロのいきさつについては政治的な要素が大きいのでブログでは触れませんが、Facebookでプロフィール画像がトリコロールカラーに染まっている件について私なりの見解を述べます。

今回のFacebookの件は自分のプロフィール画像にトリコロールカラーを合成して追悼の意を表明しましょうといったたもの。

FBP1

この機能についてはFacebookが公式にローンチ(提供)しているシステムでありスパムアプリと違って情報が抜かれることはありません。
もちろん、プロフィール画像を変更したことはFacebookに情報として流れますが、おそらくそれだけ。

この機能を使ったら「個人情報が抜かれるから注意しましょう!」と言っている方もおられるようですが、それを言ったらFacebook自体が個人情報ダダ漏れなわけで。

私自身パリにはその昔2ヶ月間住んでいました。
旅行でも何度となく訪れていて、お気に入りの街であり思い入れもあります。
現地に知人もおりますし今回の事件は他人事ではなかったので少し様子を見てからプロフィール画像をトリコロールカラーに変更しました。

この一連の流れに対して「違和感がある」とブログに書いたり投稿したりする方もおられます。
これに関しては人それぞれ感じ方があるので多様な意見があっていいかと思います。
ただ東日本大震災があった時に「Pray for Japan」の画像に変えた方がたくさんいたのですが、その時も違和感を感じたのでしょうか。

日本で身近に起こったことなら違和感がなく距離の離れた違う人種のことだから違和感があるというなら日本人として少し残念。
テロと天災という違いはありますが何の罪もない多くの方が犠牲になったのは共通する事実。
それに対して追悼の意を表明しているだけなのに違和感を感じるのはなぜなのでしょうか。
各国のランドマークもトリコロールカラーに染まっており、それを個人でしているだけなのですが。

そういう方々はひょっとするとフランスに味方してると捉えているのかも。
私としては今回の件について亡くなった方々に追悼の意を表明したかった。
また関係のあったフランスの方々を未だ思ってますということを伝えたかった。
ほとんどの方がそういう感じなのではないでしょうか。

今回の件に関してみんながやってるからとりあえず自分も、みたいなミーハーはそう多くないと思います。
少なくとも私とFacebookで繋がっていて今回トリコロールカラーに画像を変えた方は何かしらフランスと縁のある方が多い。

何はともあれ、一日も早く平和な世の中になって欲しいと心から願っております。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です