年末ジャンボ宝くじを買っても絶対に幸せになれない理由

早いもので11月も終わろうとしております。
この季節になると毎年年末ジャンボ宝くじが発売されます。
今年の「年末ジャンボ(第668回全国自治宝くじ)」の販売期間は2015年11月25日(水)~2015年12月22日(火)までの28日間。
抽せん日は、大晦日の2015年12月31日(木)。

スクリーンショット 2015-11-22 20.19.20

全国各地にある「当たる」と有名な宝くじ売場には長蛇の列が。
寒空の下1時間以上待っている方もおられるようで。
こういう光景を見ると悲しくなります。

というのは宝くじを買っても、そして万が一当たっても幸せにはなれません。
ただし年収1億円以上、資産が数億あるような方はこの限りではありません。

理由をいくつか説明しましょう。

お金というのはエネルギーが形を変えたものに過ぎません。
ですので扱い方がわからないとそのエネルギーを受け流すことができなくなります。

お金を水に置き換えてみましょう。

真夏の炎天下、一杯の水が欲しいとします。
「水が欲しい!」と言ったとして太いホースで水を一気にかけられたらどうなるでしょうか。
大抵の人は適切な量をコントロールできない状況下でこれを受け止めきれず困惑するだけ。

water

宝くじで高額当選した場合もおそらく同じような状況に陥ります。
大金を使うのにはそれに見合った知識と能力、エネルギーが必要になります。
日本一の個人投資家として有名な竹田和平さんも「大きなお金を使うのはたいへん。すんごいエネルギーを使うんだがね」と仰ってました。

10億円当たったとしても一般庶民では使い方がわからず浪費したり、人生が狂って終わることが多いとのこと。
そのまま上手に使いこなして人生を楽しく幸せに過ごせる方はほとんどいないと思います。
普段から高額所得があり使い方をわかっている方は当たったとしても問題なく乗りきれるでしょうがそういう方はおそらく宝くじは買わないでしょう。

なぜなら宝くじはもっとも確率の低いギャンブルだからです。

諸説ありますがドリームジャンボ宝くじの一等が当たる確率は東京ドームが満員御礼の状態で58試合目にしてやっと1人当たる程度。
想像してみてください。
満員御礼の状態の一試合の中で1人でも当たる気がしないでしょう。
それが58試合続いてやっと1人なんて到底当たるとは思えません。

doom

宝くじは連番で買えば10枚のうち1枚は末等が当たります。
ということは買った時点でほとんどの場合は資産が十分の一になります。

株式投資において
「買ってひと月後にはまず間違いなく十分の一になります。ただし東京ドーム満員御礼58試合目にして1人ぐらいの確率で最高約300万倍になるかもしれません」
と言われて買う人がいるでしょうか。

株式は投資ですが宝くじはギャンブル。
私の知る限り本当のお金持ちはギャンブルはしません。
確実にお金を増やす方法を実践されてます。

宝くじを買う資金があるなら美味しいもの食べたり、家族のために使ったり、使い道がはっきりしている団体に寄付した方がよほど幸せになれます。

私も15年ぐらい前までは宝くじを買ってましたが今は全く買いません。
決してお金持ちでも資産家でもありませんがお金の勉強をしてその使い方がある程度わかってからは一切手を出さなくなりました。

今年も年末ジャンボ宝くじを買おうと思っている方、一度よく考えてみてください。
本当にお金がたくさんあれば幸せでしょうか。
あぶく銭を得て幸せになれますでしょうか。
適切なお金があった方が幸せではないでしょうか。
そのために何をしたらいいのでしょうか。

寒空の下並ぶことのないことを願っております。
税金の高い日本で、さらに税金搾り取られることのないように。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です