メールの宛名、肩書の後ろに”様”がいるかが簡単に分かる方法

昨今ビジネスにおいてメールは欠かせないツールになっています。ただメールマナーを知らずそのまま使っている方も多く見受けられます。それなりの年齢や役職になっても間違った使い方をしていると恥ずかしい。年齢や役職が上になると周りも注意しにくいので本人だけ知らず恥を晒し続けることになりがち。今回は多くの方が迷いがちな肩書の後ろに”様”がいるかどうかが簡単に分かる方法をお伝えします。

例えばメールにおいて◯◯店長、◯◯MG(マネジャー)の後ろには”様”は必要でしょうか。
◯◯店長様、◯◯MG様でないといけないような気がしませんか?

答えとしては”様”は不要。そのまま◯◯店長、◯◯MGで全く問題ありません。

様が必要かどうかは実際にその方を何と呼んでいるか思い返せばわかります。面と向かって会ってその方の名前を呼ぶときに◯◯店長様、◯◯マネジャー様って言わないはず。

実際使わないのになぜメールだと使ってしまうのでしょうか。様がないと不安になるようですが、そんな時は”殿”を付けましょう。ただし”殿”は文章の中でのみ使う言葉。面と向かって会った時に◯◯店長殿、◯◯マネジャー殿って言ったら笑われます。時代劇じゃないですから(笑)

また、各位には”様”は不要。「各位様」と使っている方は結構おられます。各位様と送ってきた目上の方に対して間違っているのを指摘するかどうか悩みますが本当に大切な方なら伝えてあげるべきでしょう。また「お取引先様各位」と書いている方がおられますがこれも「お取引先各位」が正解。各位にはすでに”様”という意味を含んでいますので要りません。

心当たりのある方は明日から訂正しましょう。正しい日本語でビジネスメールをやりとりしませんか。

さらにメールマナーとして最後に署名も必須。社名、氏名、電話番号、メールアドレス、住所は最低限必要。意外と署名がない方が多いのですが必ず設定をしたい項目。設定方法についてはまた後日解説いたします。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です