運動会で我が子を10倍発見しやすくする方法

今年も運動会のシーズンがやってきました。小学校は5月、6月、幼稚園は10月、11月が多いみたい。我が家は先日小学校の運動会がありました。全校生徒500人ほどですので首都圏近郊の小学校と比べると人数は少なく、こぢんまりとしています。それでも大勢の中から我が子を探すのはなかなかたいへん。みんな同じ体操服を来て、白赤帽子を被っているので見分けがつきにくい。

0528-141

 

こんな状況の中、我が子を発見しやすくする方法があります。それは「靴と靴下を目立つ色柄・長さにする」こと。一年生の時に我が子をなかなか見つけられず編み出したのがこの方法。二年生の時からはすぐに見つけることができるようになりまた。ポイントはハイソックスで目立つ柄にすること。これだけで視認性がとても高くなります。

0528-130 0528-037

 

男子の場合はハイソックスは履かないと思いますので、靴を蛍光色など目立つ色にしましょう。

0528-173

 

これで、運動会の見学で我が子をばっちり発見できます。1,000人を超えるようなマンモス校でも比較的簡単に見つけることがではないでしょうか。幼稚園、小学校のお子様がいる方はこれからの運動会シーズンにぜひお試しくださいませ。

なお、席取りをする際のポイントは「木陰の下」に尽きます。今年のように曇り空の場合は、どこでも大差ありませんが、昨年のように気温が32度を超える快晴の場合は、木陰の下かそうでないかは大違い。我が子を見る際はどうせ近くに行って炎天下の下に行かないとなりませんので、休憩するときは少しぐらい離れた場所でも木陰の下をキープすることが肝心。今年は開門の少し前に到着し一番乗りで木陰の下をキープしました。直接太陽を浴び続けるかそうでないかは疲労度が全然違います。運動会はまず、この席取りからスタートになりますので参考まで。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です