読書感想文を書くための10の質問

去年から長女が夏休みの宿題の一環として読書感想文を書くことになりました。子どもの宿題というよりは親の宿題で、とてもたいへんでした。時間はかかるわ、グズグズ言って駄々こねるわ本当に疲れました。親としての素養もなかったのも一因。どの本を選んでいいのかさえもわからず適当に本を選んだのも失敗の原因のひとつ。

今年はこの失敗を繰り返さないよう「読書感想文講座」なるものに長女を参加させることにしました。事前の本選びに関しては愛知の文具王フミヒロさんが絶妙のタイミングで本の選び方を紹介してくれたので、すんなりと本を選ぶことができました。長女が今回選んだのは「文房具のやすみじかん」。とてもいい本だと思います。

とても参考になるフミヒロさんのブログ
文房具ビズ@本と文房具とスグレモノ
【文房具の穴:番外編】読書感想文は、こう書けば1時間で終わる!〜夏休み事前対策〜

そして、長女が読書感想文講座に行ってきました。1時間の講座でしたが、400字詰め原稿用紙にぴったり感想文を書いて帰ってきました。後半は時間がなかったのか先生の指導がかなり入ってましたが、自分の言葉でしっかり書けていました。何より4時間近いバトルをせずに読書感想文が仕上がったことに「ありがとうございます!」と言いたい。

その読書感想文講座で教えてもらってきたことをシェアいたします。読書感想文を書くための10の質問というレジュメがあり、これに従って質問に答えていくと自然に読書感想文の骨格ができます。とても良くできているので、お子さんが読書感想文の宿題を抱えていらっしゃる方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

読書感想文を書くための10の質問

 

1.本を読んでどんなことを感じましたか?どうして、そう感じましたか?
(例:嬉しい、悲しい、ひどい、むごい、楽しいなど)

感じたこと→どうして、どんな場面で?
例:悲しくなった→◯◯がいなくなった場面を読んで、自分の家族がいなくなるような悲しさを感じた。

■感じたことを素直に探っていってみましょう。
(「感じたこと」だけでもたくさん書けた方がいいです)

2.どうして、この本を読もうと思いましたか?読む前の気持ちは?
(例:絵がかわいいので、楽しそうだから、面白そうだから)

3.実際に読んでみて、本の印象は読む前と変わりましたか?
(例:かわいいだけではなかったなど)

4.この本、全体のテーマや主題のようなものがあるとすればなんでしょうか?
(例:家族の大切さ、人の命の尊さ、地球の不思議など)

5.あなたは、どうして、それがテーマだと感じたのですか?
(例:全体を通して何度でもでてくる言葉がある、印象に残る場面があったなど)

6.自分の生活や自分の家族と共通する部分はありましたか?

7.自分には考えられないような行動や発想があったとすれば、どんな場面でしたか?その時あなたはどのように感じましたか?

8.本の作者や主人公、登場人物と自分自身が「一緒だな、似ているな」と感じた場面はありましたか?

9.本の作者や主人公、登場人物の行動や言葉で尊敬できる、憧れる場面はありましたか?

10.本を読んで、あなたが今日から何かひとつ実行してみるとしたら何ですか?

やや難しい質問もありますが、この10の質問のいくつかに答えるだけで、簡単にほぼ読書感想文ができあがります。400字詰め原稿用紙1枚なら4〜5つの質問に答えるだけで十分でしょう。子どもが答えやすい質問を選べば大丈夫。それがきっと頭に入っている箇所だと思われます。親が分かりやすく聞いてあげるとすんなり質問の答えが帰ってくるのではないでしょうか。

フミヒロさんの本選びのポイントを抑えて、この10の質問があれば、もう読書感想文は怖くありません。あっという間に完成すること間違いなし。読書感想文の宿題がある方、ぜひ周りに教えてあげてくだせいませ!

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です