二週間でポケモンGOを止めた6つの理由

7月22日(金)にリリースされて瞬く間に社会現象となったポケモンGO。ネットニュースはもちろん新聞の記事もポケモンGOだらけとなりました。聖地となった鶴間公園には大挙してユーザーが押しかけ歩きスマホやゴミの放ったらかしなどが問題となりました。

かく言う私も当日インストールし、7月24日(日)には鶴間公園へ早朝7時半に訪れてゲームを楽しみました。それ以降も会社の行き帰りなどもプレイして、ある程度のレベルまでは上がりましたが、2週間経った昨日、プレイを止めることを決意しました。

FullSizeRender 364

 

主な理由は下記の5つ。もし同意できることが幾つかあれば早いうちに止めた方がいいかもしれません。テレビゲームをする事に反対ではありませんが息抜き以上のゲームをすることは短い人生もったいない。特に人生折り返した人にはテレビゲームはオススメしません。

 

1.時間を取られ過ぎる

この手のゲームは大概にして課金せずに遊ぼうと思うと相当時間がかかります。かと言って課金し始めると塵も積もれば山となるでトータルしたら相当つぎ込んだということになりかねません。ボケモンGOに関しては僅か二週間ほど軽くプレイしただけで課金はしてません。それでも相当時間を取られた印象があります。もし、この時間本を読んでいれば数冊は読めたはず。1年後にポケモンGOをしていた人と本を読んでいた人では月とスッポンほどの差が出ることは間違いありません。特に若い世代の方には本を読んで欲しいと思います。

もし幸せな人生を送りたいならポケモンGOではなく読書をしましょう。

 

2.子どもとのコミュニケーション時間が減る

「ポケモンGOを子どもと一緒にやって会話が増えた」などと言ってる方もおられますが我が家では逆に減りました。一緒にプレイした時間もありますが、大した会話もなく「わぁ、モンスターいるよ!」とか「あぁ、逃げちゃった」とかその程度。ポケモンGOをしてなかったら一緒に工作して遊んだり、ドリルをしたり公園で自然を楽しみながら遊んだり、もっと豊かな会話をします。

もし幸せな人生を送りたいならポケモンGOではなく子どもとの会話を楽しみましょう。

 

3.周りの景色が見えなくなる

先日、訪れた静岡県にある世界遺産の「三保の松原」。風光明媚な風景が広がっているのですが、大勢の方がスマホを覗き込んでおり、チラッと見たらほぼみなさんボケモンGOをプレイしておりました。折角、世界遺産にも登録された景色を見ずにスマホばかりみているのは本当に勿体ない。スマホを見ていなければきっと気づくこともたくさんあるでしょう。風の音や、鳥の声など自然には五感にとって心地よいことが色々あるのにスマホに夢中になっていてはそれさえも気づきません。

もし幸せな人生をおくりたいならポケモンGOではなく、カメラで風景を撮影しましょう。

 

4.都会と郊外の差が激しすぎる

比較的都会に住んでますので、それなりにポケストップやモンスター出現するものの鶴間公園で遊んだ時とは比べものになりません。どうせプレイするなら効率よくレベルアップしたいと思いますが、そうなると鶴間公園や都心の駅前などにわざわざ出かけなくてはなりません。それなりの交通費がかかりますし自分の時間を犠牲にする必要があります。iPhoneでジュエルブレイクすればその場に居なくてもあちこち行けるらしいのですが、そんなことしてまでしてプレイする意味はありません。

もし幸せな人生を送りたいならポケモンGOではなく、買い物やデートなど違う目的で公園や都心の駅前へ行きましょう。

 

5.バッテリーが著しく減る

ポケモンGOは常にマップデータを取得しながらGPSを使いますのであっと言う間にバッテリーが減ります。バッテリーセーバーという機能もありますが画面が消えるだけ。この機能をオンにするとすぐフリーズしますし、鶴間公園などポケストップがたくさんある場所にて本気でプレイしようと思ったら画面は付けっ放しにせざるを得ません。もちろんモバイルバッテリーはいざという時のために持ち歩いてますが、これのために繋げるのもなんだかなぁと思います。

もし幸せな人生を送りたいならポケモンGOではなく、恋人や妻へのメッセージのやり取りでバッテリーを使いましょう。

 

6.現実世界には何も残らない

ポケモンGOをしてモンスターを色々集め始めると収集欲が満たされます。男子は特にグッとくるのではないでしょうか。ただ、ふと考えたらこれらを集めても何も残らないという事に気付きました。所詮はスマホの中だけの世界。ポケモンを集めたからといって現金に替えられないし、何かサービスを受けられるわけでもない。課金してお金が減ることはあっても増えることはありません。ポケモンが好きならまだポケモンカードを集める方がずっと良いと思います。こちらはレアカードとなると相当な値段が付くこともありますし海外では高値で取引されることもあります。現実世界にちゃんと残りますし。

もし幸せな人生を送りたいならポケモンGOではなく、ポケモンカードを集めましょう。

他にも細かいことは色々ありますが、ボケモンGOを止めた主な理由はこの6つ。人生に与えられた時間は有限。上手に使いましょう。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です