40歳を過ぎたらランニングよりウォーキングが絶対オススメ

ただいま44歳。あっという間に中年の域になってしまいました。每日軽い運動して体重を図って、妻の手料理食べて食事の量を調節しているおかげでメタボにならず身長169cm体重60kg、体脂肪率10〜11%をずっとキープしております。一時は每日ランニングして毎月100Km走っていたこともありますが、40歳を過ぎた頃を堺に止めました。別に怠けたわけでなはく私の中ではきちんとした理由がありました。それを裏付けするような記事やデータがなかったのですが、最近しっかりと裏付けする記事を見つけましたので、引用しつつ、「なぜウォーキングがいいのか」を紹介します。

img_7698

今回紹介する記事は二つ

日経ビジネスオンライン
「1日1万歩」は間違い? 5000人研究で判明!

しらべぇ
スティーブ・ジョブズも日課だったスゴイ「散歩」のやり方とは?

激しい有酸素運動は免疫力を下げ、肉体を老化させる

歩き過ぎも含め、運動のし過ぎは、健康効果がないどころか、免疫力を下げてしまうリスクがあります。象徴的な例を挙げると、私はカナダに留学しているとき、オーストラリアのメルボルン大学で水泳のナショナルチームの選手の血液検査を行ったことがあります。あのイアン・ソープが活躍していた時代です。検査の結果、世界レベルの水泳選手は、持久力や筋力、ヘモグロビンの数などは素晴らしい結果にもかかわらず、ハードなトレーニングが原因で免疫力が落ちており、風邪などの病気にかかりやすいことが分かりました。
スポーツをやり過ぎると病気予防はあまりうまくいかないということは、昔から実験的にも解明されています。

出典:日経ビジネスオンライン

 

激しい有酸素は乳酸が身体に溜まり、それより肉体が酸化、伴って老化の要因となります。お坊さんが若々しいのは激しい有酸素をせず乳酸を溜めないからだと言われています。

 

関節がすり減る

また、若いときには軽く1日1万歩をこなせてきた人でも、加齢とともに体が悲鳴を上げ始めることを覚えておいてください。
悲鳴を上げる場所は、ずばり“関節”。年をとっても筋肉や体力をつけることは可能ですが、関節は鍛えることができません。体力はあっても膝関節がガクガクしたり、膝がすり減ったりして痛みが出やすくなるのです。それはどこかで体が無理をしている証拠なので、そうした体のサインを見逃さないようにしましょう。
人は痛みが出た瞬間から体を動かすのがおっくうになります。それをきっかけに歩く
のをやめ、急激に体力を落とす人も少なくありません。

出典:日経ビジネスオンライン

 

もし、年老いてから「膝が痛い」「歩けない」と子どもや介護士の方に迷惑をかけないためにも膝に負担のかかるランニングは今すぐ止めるべきではないかと思います。膝関節は激しい運動をすると摩耗しますので大切に扱いましょう。

 

中強度の運動が一番身体に良く健康に過ごせる

40歳を超えたらジョギングをしていた方はウォーキングへ移行し、1日1万歩いていた方は歩数を減らすとともに、生活の中に「中強度の運動」を組み込むことが長生きするためには必要。

出典:日経ビジネスオンライン

 

またウォーキング(散歩)はクリエイティブ脳」の働きを活性化してくれる効果があります。かのスティーブ・ジョブズも每日散歩していたとのこと。経営者でもランニングより散歩に切り替えている方が増えています。

効果的な散歩のこつ

①安全な場所で行う
分岐点があったり、車や自転車などの障害物がある道路などでは気が散って思考の海に深くダイブすることはできません。
公園内の周回コースなど、安全で道に迷うことのない場所がベストです。

②ジョギングなら息が上がらないペースで
呼吸に苦しさを感じるくらいの早さでは、走るスピードが早すぎて脳が回らなくなってしまいます。
完璧に思考に没頭できるとそのまま永遠に走り続けられそうな気がしてきますが、それこそが理想のペースです。

③考えが浮かぶに任せる
理路整然と順番通りに考えを進めようとしないこと。散歩の後半でちゃんと整理整頓できるので、まずは頭にポンポンと浮かんだ順に自然と想像を広げていくこと。
考えが脇道にそれることを恐れる必要はありません。

④メモの準備
アイデアが芋づる式にとめどもなく溢れてくることもありますので、メモの用意はマストです。

⑤午前中、食事の前にする
満腹だと脳に血流が回らないようであまり効果的ではありません。1日のスタートでもある朝食前がおすすめです。

⑥できれば屋外を歩く
室内を歩き回っても一応の効果はあると思います。マンガやドラマでも、考え事をする人は決まって部屋の中をウロウロしますよね。ただ、私の経験上「景色が流れる」ということも、クリエイティブ脳への刺激に一役買っている気がします。その証拠に、電車に乗っているとき(座っていても立っていても)も、散歩と同じくらい脳が活性化して原稿書きが驚くほどはかどります。

出典:しらべぇ

 

ただ何となく自分の身体の感覚で自然と「ランニング」を止めて「ウォーキング(散歩)」するようになっておりましたが、今回の二つの記事で自分の考えや行動は間違っていなかったと確信しております。40代前半でこのことに気づいて本当に良かった。残りの人生、全然違ってきます。

ウォーキングの場所は住まいのすぐ横に大きな公園があり、そこを周回してから出勤しています。休みの日はここを数周歩いて必ず每日8,000歩以上歩くことを日課にしています。ブログに載せている写真はこの公園の景色。木が茂っていて歩く道は影になるのでとてもありがたい。

img_7701

歩数のカウント・管理は「Misfit RAY」を7月から使っていてとても快調。すこぶる気に入ってます。

以前のブログ
2016.08.17
活動量計「MisfitRAY」を使って一ヶ月経った結果

まだ每日ランニングしている40歳以上のあなた、無理なランニングは止めてウォーキングに移行しませんか。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です