iOSアップデートのタイミングはいつが適切なのかお伝えします

iPhone7の発売に合わせてiOS10がリリースされました。便利な機能が幾つも追加されておりますがまだアップデートするのは待ったほうがいいでしょう。よほどiPhoneを使いこなしていて詳しい人以外は今回のようなメジャーアップデートは待つべき。

4181

すでに解決はされておりますが最初にリリースされたiOS10をインストールするとiPhoneが動かなくなるいわゆる「文鎮化」する現象が起きました。

「iOS 10」へのOTAアップデートで“文鎮化”報告多数 Appleが修正を発表

メジャーアップデートの初期の段階ではほぼ毎回こういった事例が発生したり重大なバグが見つかったりします。iOS9.X.XからiOS10など最初の一桁の数字が一つ上がることをメジャーアップデートと言います。iOS9.3.4からiOS9.3.5へのアップデートはマイナーアップデートと言います。マイナーアップデートでさえバグが発生することがありますのでアップデートは慎重にしましょう。長年iPhoneを使っておりますが、アップデートするタイミングは「.」が二つ付いてからにしています。

例を挙げると「iOS9 」や「iOS10」のメジャーアップデートは絶対しない。その後の 「iOS10.1」もまだ待ちます。次に「iOS10.1.1」などになって初めてアップデートをしますが、これもリリースされてから1週間ほど経ってから行うようにしています。リリースから3日ほど経てば何か重大なバグがあった場合はアップルに報告され改善されますのでそれからアップデートすることをオススメします。

そしてアップデートする前には必ずパソコンでバックアップを取っておきましょう。そうしておけばアップデートに重大なバグがあっても何とかなりますが、バックアップを取っていないとどうにもならず初期化された状態から使い始めないとならなくなる可能性があります。

Windowsでも問題なくバックアップできますが、iPhoneを使うならやはりMacがオススメ。ただしMacbookProはもう少しで新型が出る予定なので買い替えを考えている方はもう少し待ちましょう。次のMacBook Proはフルモデルチェンジと言われておりますので買ったら長く使えるはず。私自身も次のモデルチェンジでは買い換えたいと考えております。資金繰りをどうするか思案中。

まとめ

◆iOSのアップデートは「. 」が付いてからにしましょう。iOS10のアップデートはしばらく見送りましょう。
◆アップデートの前には必ずバックアップを取りましょう。

適切なタイミングでアップデートして便利で楽しいiPhoneライフを楽しみましょう。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です