本日12月1日から新しい洗濯表示が始まります

平成28年12月1日から、衣類などの繊維製品の洗濯表示が新しいJIS L0001(以下「新JIS 」という。)に規定する記号に変更されます。

新しい洗濯表示では、ドラム式洗濯乾燥機などによる「タンブル乾燥」、色柄物の衣料品などの漂白に適している「酸素系漂白剤」など新しい洗濯機号が追加されたり、適用温度がこれまでよりも細かく設定されたりすることなどにより、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増えます。これにより、繊維製品の取扱に関するきめ細かい情報が提供されるようになり、洗濯によって衣類などが縮むまたは色落ちするなどの洗濯トラブルの減少が期待できます。

また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した衣類などの繊維製品の取扱などを円滑に行えるように考えられます。このように、新たしい洗濯表示に変わることによって、一般消費者の利便性の向上が期待できます。

 

改正の経緯

日本が加盟しているWTO(世界貿易機関)のTBT協定では国際規格に準拠した国内での対応が求められています。しかしながら、欧米には洗濯物を自然乾燥させるという週間がなかったため、国際規格(ISO3758)には自然乾燥を示す記号が存在しておりませんでした。このため、日本は平成17年から自然乾燥を示す記号を加えるように改正提案を行い、平成24年4月に国際規格が改正されました。これを受けて、改正された国際規格に整合した日本工業規格(新JIS)が平成16年10月に制定されたことに伴い、平成27年3月に日本の国内規程である繊維製品品質表示規程を改正しました。

 

施行日

平成28年12月1日(木)

 

経過措置

平成28年11月30日までに現行の洗濯表示を行った衣類などの繊維製品は、平成28年12月以降もそのままの表示で販売されていますので、当面の間、店頭において、新しい洗濯表示が付された製品と現行の洗濯表示が付された製品が混在することがあります。

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba26-42

新しい「洗濯表示」のポイント

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba4-43

 

新しい「洗濯表示」の記号と意味

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba-15-00

 

新しい「洗濯表示」記号一覧

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba5-13

 

新しい「洗濯表示」簡易版

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba47-02

 

旧「洗濯表示」記号一覧

%e5%8f%a4%e3%81%84%e6%b4%97%e6%bf%af%e8%a1%a8%e7%a4%ba15-39

 

新しい洗濯表示になり洗練されわかりやすくなったと思いますが慣れないうちは早見表が欠かせません。必要な際はぜひブックマークしておいてください。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です