ジブリの世界に入り込めると話題沸騰の「ぬくもりの森」へ行ってきた

まるでジブリの世界に入り込んだようだと今話題沸騰の「ぬくもりの森」へ行ってきました。浜松西インターから10分ぐらいの場所にあります。名古屋市内からだと高速を使わないと2時間弱、高速を使えば1時間強で到着します。

 

HPより
ぬくもりの森は、独自の建築スタイルを追求する建築家 佐々木茂良が、 こんな場所があったら…と、コツコツ創りあげてきた場所。 中世ヨーロッパのとある小さな村に迷い込んだような…まるでおとぎの国にいるような、 穏やかで不思議な空間です。 高い木々に囲まれた小さな森の中に点在する小さなお店は、雑貨ショップ、ケーキショップ、レストラン、ミニギャラリー…。 日常を離れた夢のひとときを味わいにどうぞお越しくださいませ。 楽しくて不思議な夢の空間で皆様をお待ちしております。

ぬくもりの森公式HP

ヨーロッパには何度も足を運んでおりますが、まさに中世ヨーロッパの田舎町に来たような錯覚を覚えます。フランスのアルルなどが近いでしょうか。ここで写真を撮って海外の方がいたらまさか日本だとは思わないでしょう。

 

 

「ぬくもりの森」は規模が小さいのでティーブレイクをしても2時間あれば十分満喫できます。ケーキ屋「お菓子の森」があり、美味しいケーキを食べることができます。人気ナンバーワンは焼き栗のモンブラン。並んでいる途中で完売してしまい、残念ながら今回は食べることができませんでした。

 

雑貨、革細工、陶器などのかわいらしいお店が点在しており、見ているだけでも楽しい時間を過ごせます。

 

フクロウと触れ合えるお店もありますが娘たちは怖がったので利用せず。満員との札があったので人気があるみたい。

 

駐車場は少しわかりにくく、大通り沿いにあります。駐車場からは歩いて5分ぐらい。以前は施設内にあったようですが、たいへん人気で来客数が多くなり専用駐車場が設けれらました。そのため駐車料金は有料(500円)となっています。本数は少ないですがバスもありますので、公共交通機関でも行くことができます。

 

今後、ネットなどで拡散されたら一気に増えるような気がしますので、気になった方は早目に訪れることをオススメいたします。関市のモネの池に匹敵するような人気スポットになるかもしれません。

 

今回のスケジュール。9歳と6歳の子ども連れで満喫できるオススメの旅程なのでよかったら参考にしてください。

9時 名古屋出発 下道で浜松へ バイパスがあるので渋滞さえなければ快適
11時30分 「魚あら」で昼食 活天丼が超美味
12時45分 ぬくもりの森到着 散策、ティーブレイク
15時 浜松フラワーパーク 散策(夕食までの時間つぶし)
17時 「さわやか」で夕食 静岡市内にチェーン展開しているハンバーグの有名店。炭火焼ハンバーグは絶品。

※大人気店でたいへん混雑するので早目に訪れましょう。17時ですでに20分待ち、それ以降だと1時間以上待たされます。

18時30分 浜松西ICより帰宅の途に 豊明ICで降りて名古屋市内へ
20時 帰宅

ぬくもりの森

【場所】〒431-1115 静岡県浜松市西区和地町2949 ぬくもりの森
【TEL】053-486-1723
【営業時間】10:30 – 18:30
【休業日】木曜日(レストラン・ドゥソールとガレージミュージアムは木・金曜日休業)
【アクセス】
■車で行く場合
浜松市街より約30分/浜松西インターより約10分/新東名・浜松SA(スマートIC)より約30分
■電車・バスで行く場合
JR浜松駅北口バスターミナル「遠鉄バス」1番のりば「舘山寺温泉」行に乗車 約40分 「すじかいばし」下車 徒歩3分

 

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です