TSUTATYA草叢BOOKS×スターバックスがアピタ新守山店にオープンしたので行ってきた

2月17日(金)にCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営するブック&カフェ「草叢(くさむら)BOOKS」がアピタ新守山店にオープンしました。スターバックスが併設されており、スタバでお茶しながら、ここに置いてある本を座り読みできます。なんて素敵な空間なんでしょう。オープン2日目に行ってきましたので紹介します。

 

「草叢BOOKS」は生活提案型のブック&カフェ。都市部は「蔦屋書店」、地方では「草叢BOOKS」としてこれから展開していく模様。

 

店内は広大で、この地域では圧倒的No.1の広さと品揃えとなります。新刊本だけではなく、中古本、CD・DVDレンタル、文房具、雑貨など必要十分なアイテムを取り揃えています。

 

新刊本と中古本はカテゴリー毎に分かれており、新刊本のすぐ横に中古本があり、このレイアウトは今まで見たことがありません。棚の種類が違うのですが、最初は戸惑いました。慣れてくればカテゴリー毎にすぐ見られるのでこちらの方が便利かもしれません。ただ、新刊で売っている本と同じ本がすぐ横で中古で売っているということが発生しそうなのですが、この辺りはどうクリアしていくのか少し疑問が残ります。

 

カテゴリー毎にアルファベットが振られているので、これはとても分かりやすくてGood。今回家族で行ったのですが、棚が高くて、一旦はぐれると見つけられません。LINEで妻に「今どこ?」と聞いたら「E01」とか返ってくるため、すぐに発見することができました。これがアルファベットがなくてフード本のところとか言われても探すのに苦労しますが、これなら即座にわかります。

 

スタバで飲食しながら、ここに置いてある本を読むことができ、立ち読みではなく座ってじっくり読めます。ただし、コンセントのある席の椅子は高めで硬いので、ここだと1時間ぐらいでお尻が限界でしょうか。ソファもありますが、背もたれが直角で長居するには適しておりません。おそらくは長居する客を減らすため、わざと座っていると疲れるような椅子を置いてあるのだと思われます。オープン2日目、土曜日の17時頃に訪ねましたが、スタバのレジは数人待ち、カウンター席、ソファ席もまだまだ空席がありました。

 

なお、スタバで読めるのは新刊のみで中古本の持ち込みは不可との案内がありました。中古かどうか見分けるのは難しいので実際はどちらでもわかならいような気もしますが…。というかなぜ中古本はダメなんでしょうか。

 

文房具や雑貨も豊富に揃っておりますので、たいていの文房具はここで揃います。ピンクの文房具を集めたコーナーがあり、なかなかマニアックですが、女子は好きかも。

 

草叢BOOKSのオリジナル雑貨を展開していました。トートバッグ、マグカップ、マグボトル、弁当箱などがあり、デザインはなかなかカワイイのですが、質感が安っぽくちょっと残念。奈良の木のブロックも置いてありこれはオシャレですが、嵩張るのと値段が3,000円と高いのでスルー。

 

人工芝がひいてあるキッズスペースがあり、子どもを遊ばせることもできます。滑り台もあり、たくさんの子どもが遊んでいました。

 

クレープ、ピザ&パスタ、ハンバーグ&ステーキなどの飲食店も入っており、時間さえあれば朝から晩まで滞在することもできます。あまり美味しそうではありませんでしたが…。

 

まとめ

・新刊、中古本両方あり本屋としての品揃えは十分。
・子どもの遊び場もあるので小さな子連れでも一緒に楽しめる。
・蔦屋書店のような高級感はなくカジュアルな雰囲気。
・スタバは席がたくさんあり、コンセントのあるカウンター席もある。
・カウンター席の椅子は高さがある上に高く長居には向かない。テーブル席の椅子もソファも硬め。
・飲食店も併設しているので、その気になれば1日滞在できる。ただし椅子が硬いのでお尻にひくクッションは必須(笑)

自宅からは30分ほどかかるため、わざわざ出かけるほどではありませんが、近くにあったら間違いなくリピート必至のスポットでした。

もし近くへ行かれた場合は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

草叢BOOKSアピタ新守山店
住所:愛知県名古屋市守山区新守山2830
営業時間:10時〜23時
JR新守山駅からすぐ

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です