Amazonプライム会員のあなたがクロネコヤマト宅急便の負担を軽減するためにやるべきたったひとつのこと

本当に便利なAmazonプライム会員のサービス。ポチッと注文したら早ければ当日、遅くても翌日には届きます。ただしこの利便性の裏でクロネコヤマト宅急便の担当者が悲鳴をあげています。昨年12月はクリスマスマーケットで膨大な注文があり、さばききる限界が来て遅配が起こりました。

 

私自身もAmazonプライム会員で頻繁に使っています。昨年の12月頃は20時を過ぎてから配達されることもあり、配達している担当者も疲弊していることがありました。東京と比べれば人口の少ない名古屋でこの状態なので東京ではとっくに限界が来ていたのかもしれません。

すぐに届くのは確かに便利ですが、このままではクロネコヤマト宅急便の配達が立ち行かなくなり無料お届けサービスが中止される可能性があります。

これからもネット販売&宅配サービスは増加することは間違いありません。そんな中、宅配便担当者の負担を軽減するたったひとつの方法があります。それは「再配達を減らすため時間指定をして、できる限りその時間にいること」。Amazonプライム会員の場合は日付、時間指定が可能ですが時間指定は場合によっては1日遅れるため、特に何も考えずデフォルトの「できるだけ早くお届け」を選んでいました。昼過ぎ以降はたいてい妻が自宅にはいますが買い物に出かけている間に届いて不在通知が入っていることも度々あります。そうなると宅配便担当者の負担が増えます。不在だと配送車まで持ち帰り、再度配達するのはたいへんな労力。

この事実を知ってからは1日遅くなっても確実に自宅にいる時間指定をかけるようにしています。それからはほとんど不在通知が入ることはなくなりました。

なお、プライム会員でない方でも、再配達を減少させられるかもしれないヤマト運輸の『Myカレンダーサービス』を使えばOK。

『Myカレンダーサービス』内容
クロネコメンバーズ会員であり、宅急便e-お知らせシリーズ設定をされている方が対象のサービスです。曜日毎に受け取りたい時間帯を、事前に登録していただくことができます。お荷物が到着する際には事前に確認の為のメールが配信され、ご都合が変わった場合にはお届け日時・場所を変更することができます。

ヤマト運輸HPから引用

もう少し分かりやすく解説すると、在宅している曜日、時間帯を予め登録しておけば、荷物ごとに時間指定をすることなく自動的に登録しておいた時間帯に荷物を届けてくれるサービス。例えば18時以降は確実にいる家庭であれば、この時間を登録しておけば再配達を減らせます。

もし、あなたがAmazonプライム会員で頻繁にAmazonで買い物をしていて、そんなに急がないものであれば少し遅れても時間指定するかヤマト運輸の『Myカレンダーサービス』を利用してみませんか。一度目の配達で受け取るようにすれば、ドライバーさんの相当負担は軽減されるはず。今後、長期的にAmazonプライム会員のサービスを年間3,900円という格安の値段で享受するには使う側も協力する必要があるような気がします。

一人でも多くの方が、長時間労働せず、幸せに暮らしていけるライフスタイルになればと願っています。ちょっとした意識で改善できると思いますので、ぜひ多くの方に知っていただき、時間指定をかけて、その時間に確実に受け取るようにしてみませんか。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です