足の指の可動域が他の人より異常に広いことに気づいた

先日、弟夫婦に子どもが産まれたので会いに行ってきました。まだ2ヶ月なのでちっちゃくてめちゃめちゃカワイイ。うちの子どもたちにもこんな頃があったなぁと。ふと、弟の赤ちゃんを見ていて気づいたことがありました。それは「足の指がとても長い」こと。まるでチンパンジーの赤ちゃんみたい。

 

実は筆者も足の指が長く、それを弟に話したら「俺も長いから遺伝子やな」と。そして弟から「おにい、足の指、グーになる?」と聞かれました。「グーだけじゃなくて、チョキもパーもできるで」と答えたら「俺もできんねんけど、これって普通じゃないらしいで」と。

しかもグーにしたときの曲がり具合がかなり内側まで可動します。普通の人はここまで可動域が広くないらしく、第一関節はまずこんなに曲がりません。これを見た人に驚かれるとのこと。弟曰く「自分の足以外でここまで曲がるのを初めてみた。間違いなくこれは遺伝やわ」と。

 

妻の足の親指の曲がりぐらいはこのぐらい。これで限界とのこと。

 

足の指がどのぐらい稼働するか、また足の指でのグーチョキパーを撮影してみました。同じようにできる人は世の中にどのぐらいいるのでしょうか。ちょっと気になります。

 

 

ちなみに足で空のペットボトルやヘアブラシを握ったりできます。

 

みなさんは、足の親指、どこまで曲がりますでしょうか。また何が掴めますか?

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です