タグ・ホイヤー CONNECTED MODULAR 45に触ってきた

TAG HEUERの最新ウェアラブルウォッチ CONNECTED MODULAR 45を触ってきました。先日からキャンペーンを開催しており、何とか4月11日(火)の最終日に間に合いました。

TAG HEUER CONNECTED MODULAR 45 公式HP

インテルウェアラブルの世界HP

キャンペーン期間中ということでこの腕時計を体験した方にはタグ・ホイヤーのキャップをプレゼントしているとのこと。さすが、高級時計の粗品は一味違います。持って帰ってきて長女に被らせたら超クールで似合っていました。


AppleWatchをはじめ様々なウェアラブルウォッチが発売されていますが、まだ様子見しており購入には至っておりません。今回タグ・ホイヤーの CONNECTED MODULAR 45をじっくり触ってきた感想は「質感は素晴らしいが操作性はAppleWatchの方が上」。全てがスイス製のため本体やベルトのクオリティ・デザインは圧倒的にタグ・ホイヤーの方がいいのですが、値段もそれなりの17万円〜。この値段を出すのであればそこそこの腕時計を買うことができます。機械式時計は陳腐化しませんがデジタルウォッチは3年もすれば陳腐化して使えなくなりますので、それを考えるとこの値段では買えないなぁと。

デジタルウォッチ部分だけ5万円程度で入れ替えできるのであれば買う価値はあるかもしれません。ベルトは簡単に付け替え交換可能ですので、本体モジュラーだけ永年低価格で買い替えできれば候補にあがるでしょうか。

盤面のデザインはプリセットされたデザインがいくつもあります。さらに盤面の色やデザイン、針の形状などを組み合わせることにより自分だけのオリジナルウォッチになります。また有料ではありますが、他のブランドの盤面デザインを使うこともできます。例えばロレックスやブライトリングなどの有名ブランドの時計に早変わりさせることも可能。毎日、日替わりでいくつもの高級時計の雰囲気を味わうことができることを考慮すれば、この価格でも価値はあるのかも。

 

数秒動かさずにいるとこの画面になり、さらに時間が経つと真っ黒なって電力が省力化します。通常の使用方法で25時間保つとのこと。

 

ガラス面をスライドさせるとアプリが出てきます。Android系なのですがiPhoneでも使用可能。ただし使えるアプリが限定されます。

 

裏面は非接触充電ができるようになっています。

 

この時計に触れたことでAppleWatch2がまた欲しくなってきました。職場から歩いて5分の所にアップルストアがありますので誘惑に負けてしまいそう。AppleWatchを使っている方に聞いたら便利で手放せないとのことなので次触ったら見送れる自信はありません。そろそろウェアラブルウォッチも成熟期に入りましたので買ってもいいかなぁ。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です