GW前に知っておきたい!GoogleMAPで駐車場所を記録する方法

まもなくゴールデンウィークが始まります。行楽地や遊園地、商業施設などへお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

GWはどこへ行っても混んでいますし、駐車場に停めるのも一苦労。大きなテーマパークや郊外のショッピングセンターなどの駐車場は広大な面積でどこに停めたかわからなくなることも。A-3などの番地が書いてあれば目印になりますが、そういった目印の看板が無い駐車場もあります。

そうなると停めた場所を覚えるのがなかなか難しい。昼間はまだ見つけやすいのですが、夜になってボディが見分けにくくなると探すのがたいへん。そんなときに役立つのがGoogleMAPアプリ。先日のアップデートで停めた場所を簡単に記録できるようになりました。これさえ知っていれば、もう停めた場所がどこだったか迷うことはありません。

GoogleMAPのアプリを立ち上げ、現在地の青い丸を軽くタップ

 

画面下にポップアップが出てきますので「駐車場として設定」をタップ

 

「ここに駐車しました」と表示されたらOK

 

画面下に常に「保存した駐車場」と表示されますので、タップすれば停めた場所まで案内してくれます。

 

駐車場所は丸一日保存され、その後は自動的に消えます。自分でクリアすることも可能。

 

このテクニックを使い、広い駐車場に停めたら記録するという習慣をつけておけば迷うことはなくなります。ただし、スマホのバッテリー切れで見れなくなる可能性はゼロではありませんので、ある程度の場所は記憶しておきましょう。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です