身近にあるグッズをあっという間にカーボン風にする魔法のシートを試してみた

男性ってなぜかカーボンにとてつもなく魅力を感じます。軽量で鉄よりも固いという素材的な側面よりも、カーボン独特のパターンに惹かれます。本物のカーボンシートは高価なのと整形が難しいため、素人が扱うのは難しいのですが、“カーボン風”に見えるシートなら誰でも簡単に扱うことができます。

ブログ「変デジ研究所」を運営されているロンスタ氏がとても便利そうなコインホルダー「コインホーム」を使っているのを見てすぐに購入しました。これがとてつもなく便利な代物でもう手放せません。それまで使っていた某ブランドの小銭入れはお蔵入りに。ただし、素材がプラスチックのため安っぽさは否めません。アラフォーのおっさんとしては少々恥ずかしいので、プラスチック臭を消すべく、このカーボンシートでコーティングしてみました。

【父の日ギフトに最適】携帯コインホルダー「コインホーム」&マネークリップ「THE RIDGE」

 

極薄のビニールシートにカーボンの模様が型押しされています。型を取り少し大きめに切って、貼ってからカッターで綺麗に切り取ります。

 

両面、側面に貼ってみました。遠目にはカーボン素材にしか見えません。カッコイイ!プラスチックとは雲泥の差。

 


ずっと愛用しているマネークリップ「THE RIDGE」を気分転換がてら表面をカーボンにしてみました。このマネークリップは間にクレジットカードを挟めて超便利。ここ5年間で買ってよかったものリストの上位に入ります。きちんとしたお出かけの時は長財布を持っていきますが、普段はこの二つで用が足ります。

新感覚の財布「the RIDGE」が超絶カッコイイ

 

チタニウム製でこのままでも十分カッコイイ質感。年季が入っているので結構傷があります。

 

気分転換がてらシールを貼ってみます。型を取って適当な大きさに切ります。

 

シールの一部だけをめくってコーナーを合わせて貼ります。全部めくってしまうと貼るのが難しいので少しだけにしましょう。

 

はみ出たところやコーナーのラウンドはカッターで切り取ります。あっという間にチタニウムからカーボンに変わりました。

 

二つ並べてみました。統一感があっていい感じ。

 

またMacBook Proもカーボンシートを貼っております。こちらはファッションというより防護のために貼りました。先程のカーボンシートより割高ではありますが、MacBook Pro専用のシートが販売されています。サイズはぴったりでリンゴマークもくり抜いてありますので綺麗に貼りたいなら専用シートをオススメいたします。

 

身の回りの安っぽいものはとりあえず、片っ端からこのカーボンシートを貼ってみてはいかがでしょうか。一瞬にして高級品に変化します。ぜひお試しください!

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です