夏休み子どもと訪れるのに最適!多度峡天然プールへ行こう!

本日の山の日からお盆休みに入った方も大勢おられるのではないでしょうか。台風が過ぎた後は35度を超える猛暑日が続いています。こんな暑い中、お盆休みはエアコンが効いている場所で過ごすのもひとつですが、家族一緒に楽しめるオススメスポットを紹介します。

名古屋市中心部から車で約1時間で行ける「多度峡天然プール」が今の時期、一番のオススメ。高速を使えばさらに時間を短縮できます。多度大社から少し山奥に入った場所にあります。川を堰き止めて作られた天然プールは常に水が流れているので冷たくて綺麗。雨が降った後は濁りますが、晴れが続いている時は透明度抜群。

 

駐車場は橋を二つほど渡った所に多数ありますが、ここからは天然プールまで10分ほど歩きます。子連れで荷物が多い場合は細道を進んだ奥に有料600円の駐車場がありますのでこちらが便利。ただし20台ほどのスペースしかないので平日は10時前後、土日はもっと早い時間に満車になります。細道はギリギリ1台通れるだけの幅しかなく、退避スペースは所々にしかないため運転に自信のある方のみどうぞ。今まで何回も行っていますが帰りに一度かち合ったことがあるだけなので、早めに来て昼過ぎに帰るのであればまず大丈夫だと思いますが細道をバックで運転できない方は止めたほうが賢明。

 

 

天然プールの横には屋根付きの無料休憩所があります。机と椅子のスペースと奥に平場のスペースがあります。突き当りには更衣室がありますので着替える方はこちらを利用しましょう。平場のスペースは小さなお子さまがいる家族にはとても便利ですが10時までにはたいていいっぱいになります。ここを使う場合はレジャーシートが必須。なお、持ち運びできる簡易テーブルがあると何かと便利。

 

ちょっとした軽食は売店で販売していますが食堂施設はありませんので、お弁当を持っていきましょう。暑い日でも思いの外、身体が冷えるので温かいスープなどがいいでしょう。橋を渡った所には有料の休憩所がありますが、平日はほとんど利用者はいません。土日で無料休憩所がいっぱいの時は使ってもいいかもしれません。

 

この多度峡天然プールは山の中腹にあり、川が流れているため都市部と比べると3〜5度ぐらい気温は低くなっています。水温は気温が35度を超えるような日でも、とにかく冷たいので定期的に休憩を取りましょう。曇りの日にここに入るとまるで罰ゲームのような感覚になります。プールはそんなに深くはなく大人の胸の下ぐらい。流れはないので比較的安全ですが、小さな子どもには必ず浮くものを装着しましょう。小さな売店を除いてプール以外のレジャー施設はありませんが自然を満喫するには最高の場所。少し奥に行くとさらに素晴らしい体験ができます。

自然の川をそのままを楽しめるスポットがいくつかあり、小学生以上ならここで楽しんでもいいかもしれません。流れも緩やかですぐ下流は浅瀬なので比較的安全。ただし深さはあるので泳ぎが苦手な方は浮き輪などが必要。木が生い茂っており木陰の場所もありますので過ごしやすく快適。トイレは先程の無料休憩所にしかないので歩いて2,3分戻らないといけません。高さ数メートルの崖から飛び込めるスポットもあり、運動神経に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まるでトトロの世界に迷い込んだような雰囲気を楽しめます。

 

この夏、暑い日にはオススメの多度峡天然プール。海と違って上がった後ベタベタしませんし、お盆を過ぎてもクラゲに刺されることもありません。

2017年8月11日(金)12日(土)は多度大社でちょうちん祭りが開催されます。夜はちょうちんが灯り幻想的な雰囲気になります。日中でもちょうちんがたくさん並んでいてインスタ映えするスポットがたくさんありますので、時間があれば訪れてみてはいかがでしょうか。

多度大社 ちょうちん祭り公式サイト

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です