「らぁ麺紫陽花」監修のインスタントラーメンを食べてみた

筆者が食べた中で一番美味しい醤油ラーメンは中川区六番町にある「らぁ麺紫陽花」。鶏ガラ系スープ、麺の太さとコシ、低温熟成のチャーシュー全てが完璧に調和していてめちゃくちゃ美味しい。以前は平日なら20分ほど待てば食べられたのですが、最近はテレビなどで度々特集されたこともあり平日の空いているときで40分、土日だと1時間以上並ばないと食べることができません。それでも、時々食べたくなるので、定期的に訪れています。

唸る名店紹介シリーズ らぁ麺 紫陽花(ラーメン・名古屋市中川区)

先日、娘がスーパーで「らぁ麺紫陽花」監修のインスタントラーメンを見つけ買ってきました。

 

普段は一切インスタントラーメンは食べないので久しぶりに作りました。製造元は寿がきや。原材料を見ると添加物まみれですが、味はどうでしょうか。

 

中身は麺と液体スープ、醤油たれの3つ。1パック2人前入っています。

 

麺の見た目は本家紫陽花に近い感じ。

 

低温熟成のチャーシューは手に入らなかったのでももハムで代用。

 

麺を2分茹でて、スープに湯を注ぎ完成。三つ葉はないので彩りがいまいち。

 

スープをまず一口。「ん?らぁ麺紫陽花の醤油ラーメンとは全く違う」。残念ながら本家とは似て非なる代物。麺は確かに近いのですが、スープが違うので別物になってます。インスタントラーメンとしてはまずまず美味しい方でしょうが、これが限界だと思います。

長女は自分が買った手前か食べましたが、次女は一口食べて「いらない」とほとんど残しました。筆者も久しぶりに添加物を取ったので胃の辺りが気持ち悪く胸焼けしました。添加物に慣れれば問題ないのかもしれませんか、普段添加物フリーな生活をしていて、たまに添加物を摂取すると確実に体に変調をきたします。

添加物まみれのインスタント食品やコンビニ食品は確かに便利ですが、身体には絶対によくありません。たまに食べるぐらいはいいとは思いますが、每日のように食べていると歳を取ってから確実にガタがきます。

というわけで、今回食べたらぁ麺紫陽花のインスタントラーメンはおそらく二度と食べることはありません。実店舗の「らぁ麺紫陽花」でじっくり並んで美味しいラーメンを堪能します。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です