2017年8月19日オープン!日本最大級のZARA名古屋店に行ってきた

長い間ビルの建て替えのため閉鎖していたZARA名古屋店が8月19日(土)「栄グローブ」にリニューアルオープンしました。世界93カ国2,200店舗以上を展開しているファッションブランドZARAの最新コンセプトを採用した売場で東海エリア最大、日本でも最大級の面積になります。

 

1−2階はレディス、3階はメンズとキッズ&ベビー。

 

店舗面積は1フロア約1,000㎡とかなりの広さ。日本で販売しているZARAの商品はフルラインナップで取り揃えているので、このZARA名古屋店に行けば全てが揃っています。また、名古屋店先行発売の商品も多数あり、ZARAファンとしては見逃せません。アパレルはもちろん、靴やバッグ、ベルト、サングラスなどの雑貨も取り揃えてありますが、強みはやはりアパレル製品。

メインエントランスを入った所にはマネキン5体を使ったVPスペースが設けられています。

 

レジカウンターの後ろの壁には大型のLEDスクリーンがあり、常時オシャレな画像が流れています。

 

エスカレーター脇にも大型のLEDスクリーンがあり様々な情報を発信。最新コンセプトの売場であることを実感できます。


メンズは3階の2/3の面積で展開しており、必要十分な広さ。カジュアルからビジネスまでオシャレな服が揃っています。

 

3階の残り1/3はベビー・キッズが展開。キッズもオシャレでリーズナブル。

 

秋冬のジャケットは13,990円。窓側のL字のコーナーにかかっている商品は名古屋先行発売。“ユニ被り”ならぬ“ZARA被り”の可能性は否めませんが、このクオリティでこの価格はコスパ高すぎ。

 

落ち着いた色のパンツは5,990円。パンツ丈はスリムタイプならくるぶし丈がオシャレ。ワイドタイプならば靴に少しかかるぐらいの長さがオシャレ。個人的にはくるぶし丈のスリムタイプがお気に入り。

 

秋冬のトレンドカラーはベージュ、カーキに加えてグレー、ブラックと渋い色。カジュアルは迷彩柄のミリタリーテイストが人気。この夏のトレンドである花柄などの柄シャツもしっかりラインナップしてありました。

靴はビジネス、カジュアルともにラインナップされていますが、筆者の足には型が合ないので、ZARAで雑貨はほとんど買いません。

 

店内VP、外のショーウィンドウのディスプレイはダーク系の落ち着いた色ばかり。普段からこの手の色を着ることが多いのでしっくりきます。

 

13時ぐらいに訪れましたが、ごった返すという程ではないものの大勢のお客様で賑わっていました。買い回り袋にまとめ買いしている方が多く見受けられました。

メンズ、レディスともコート、ジャケット、シャツ、パンツ全部買っても4万円ちょっと。向かいのLACHICや栄・名駅のデパート、専門店で買ったらこの3倍〜4倍の価格になります。もちろん、ユナイテッドアローズなどのハイブランドには価格に見合った良さがありますが、ZARAのデザイン、クオリティ、プライスなら、つい手が伸びてしまいます。

 

公式HPはデザインが全然ダメ。使い勝手も悪いし、ここは改善すべき点。名古屋店がオープンしたにも関わらずほとんど情報がないのに驚き。外資系ならではかも。

今回は駆け足で見ただけなので、今度ゆっくりと訪れて自分の買い物をしたいと思います。男性はもちろん、女性も栄へ行った際はZARA名古屋店へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です