不倫が許される人と許されない人の違いは?

有名人、著名人の不倫騒動が世間を賑わしております。直近では山尾志桜里衆院議員と9歳下弁護士とのW不倫(疑惑)、少し前では斉藤由貴、今井絵理子、上原多香子、雨上がり決死隊の宮迫博之、田中哲司、渡辺謙、さらに遡ると大きな話題になったベッキーと川谷絵音など枚挙に暇がありません。

 

最近の傾向としては女性が多いような気がします。昔は不倫と言えば男だけのものだったような気がしますが、メディアが報じるようになっただけであって、昔から女性も浮気していたのかもしれません。ここに挙げた方は残念ながら世間から叩かれてほとんどの人が謝罪をしています。

 

一方で梅沢富美男やビートたけしのように女遊びをしても本人も全く動じないし、世間的にも許される人もいます。歳を取っても異性にモテるというのは悪いことだとは思いませんが寛容さがない最近の日本ではなかなか許されません。

妻や友人女性と不倫の話題になり、許される人と許されない人の違いは何かという話になりました。話を総合してまとめると浮気をしても許される男性には幾つかの共通点がありましたので紹介します。これに当てはまるからと言って必ず許されるわけではないで不倫する時は自己責任でお願いします(笑)

 

1.相手が妻より綺麗・可愛い

妻より、浮気相手が綺麗だったり、可愛らしい場合は「この人ならしょうがない」と諦めてくれる場合が多く、逆にブサイクだと「何で?」となるみたい。おそらくガッキーと浮気しても仕方がないと思ってくれるはず。筆者は男性なので逆の立場で考えると妻が福山雅治となら不倫されても仕方がないかなと。どちらも妄想の世界なので実際には起こり得ませんが。浮気相手は妻より綺麗で可愛い人を選びましょう。

 

2.相手が妻より若い

女性としては自分より年上のオバサンと浮気されるのが相当苦痛とのこと。若くて綺麗な女性なら諦めもつきますが、自分よりブサイクなオバサンだと「あり得ない」っていう話になります。梅沢富美男氏が沖縄旅行へ一緒に行ったのも若い女の子。浮気相手は妻より若い人を選びましょう。

 

3.妻や家族を大切にしている

女遊びをしていても妻や家族を大切にしている人は許されることが多いような気がします。普段は家族のために料理をしたり、一緒に旅行に行ったり、家庭も大切にしていれば、ちょっとぐらいの浮気は許されるのかもしれません。家族を大切にしているからこそ、他の女性にモテるではないでしょうか。ただし、ビートたけしのような例外もあります。もちろん、愛妻家でありながら一切浮気もしない人がほとんどだと思います。まずは家庭を大切にしましょう。

 

4.経済力がある

最後はこれに尽きるかもしれません。何だかんだ言ってもガッツリ稼いでいれば文句は言われないのではないでしょうか。余剰分で遊んでいれば甲斐性ということで許されることになります。逆に家庭に十分なお金を入れず、浮気相手と遊んでいたら許されるはずはありません。女性と遊びたいのであれば経済力は必須。頑張って稼ぎましょう。

まとめ
不倫(浮気)をしても許されるには
・妻より美しく可愛くて
・妻より若くて
・普段から家族を大切にして
・ガッツリ稼ぐ

 

人間の本能として男性は自分の子孫をたくさん残したいという遺伝子があり、女性はより強い子孫を産みたいという遺伝子が組み込まれているので個人的には不倫は致し方ない面もあると思います。海外では一夫多妻制の国もあり、このような国では他に好きな女性ができて付き合っても許されます。昔の日本も書物から知る限りは、もっと寛容だったと認識しています。不倫は決して良いことではありません。でも度を過ぎること無く遊び程度であれば、もう少し寛容でもいいと思うのは筆者だけでしょうか。雨上がり決死隊の宮迫博之は話は面白い、歌を唄えばプロ並みに上手い、そこそこ男前で金持ちとモテる要素を兼ね備えており、妻以外の女性が放っておかないと思います。

もしあなたが結婚していなければ、何も咎められることはありませんので、より多くの異性と付き合ってより多くのデータベースを蓄積して、自分に合ったパートナーを見極めることをオススメいたします。

ちなみに筆者は不倫(浮気)はおそらく許されません。妻から「浮気したら即離婚!」と宣言されています。独身時代は一週間に8人の違う女の子とデートして遊んでいたこともありますが、結婚してからは一線を越えたことはありません。信じるか信じないかはあなた次第ですが…。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です