ソニー サイバーショット「RX0」を試してきた

ソニーのコンパクトデジタルカメラのRXシリーズの高画質を防水、堅牢な小型ボディに凝縮し、あらゆる場面での撮影を可能にする『RX0』が10月27日に発売されるのに先駆けてソニーストアで予約販売が始まったので早速試してきました。

 

アクションカム市場はGOPROで一旦盛り上がったものの最近は沈静化しており、このRX0がカンフル剤となるかもしれません。1型CMOSイメージセンサとツアイスレンズとの組み合わせにより、このサイズとは思えない画質での撮影が可能となりました。

 

ポケットに忍ばせておいて、いざとなったら手軽に撮影できるのは大きなメリット。予想価格は8万円となかなかのお値段。全く思想は違いますが、サイバーショットRX100mk3とほぼ同じ価格。

 

手のひらに乗るほどのコンパクトサイズ。厚みは結構あります。

 

背面のモニターで画像を確認することができますがサイズは小さめ。レンズは広角24mmのF4.0なので背景のボケはあまり期待できません。

 

「RX0」の主な特長

 

1.高画質技術を防水性と堅牢性を備えた小型ボディに凝縮

 

小型ボディに凝縮した高画質技術

高感度で低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現するメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、高解像で歪みの少ない広角ZEISS® Tessar T* 24mm※5 F4.0(固定)レンズ、画像処理エンジンBIONZ Xの搭載により、有効約1530万画素の高解像度データも高速に処理し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影が可能。

 

映像表現の可能性を広げる、防水性と堅牢性を備えた小型軽量ボディ

水深10mの防水性能や2.0mの落下耐性、200kgftの耐荷重という堅牢性を、約59.0×40.5×29.8mm(幅×高さ×奥行)、質量約110g(バッテリー、メディア含む)の小型軽量ボディで実現。雨天や水中などの過酷な撮影環境や狭小な設置場所など、あらゆる場面にも対応可能。また、シンプルなスクエアフォルムとボディ前面の中心部にレンズを配置したデザインは、撮影や設置の自由度を高めます。

 

2.幅広い場面で高画質な撮影を実現する多彩な撮影機能

 

スーパースローモーション

最高960fps(最大40倍)のスーパースローモーション機能を搭載し、最大約4秒まで撮影できます。撮影フレームレートは960fps/480fps/240fps、記録フォーマットは60p/30p/24pから指定でき、被写体のスピードに合わせて最適な倍率で、4倍~40倍のスローモーション映像を記録可能です。肉眼では捉えきれない一瞬を、一連の動作として捉えることで、よりクリエイティブな映像表現ができます。

最高1/32000秒 アンチディストーションシャッター

センサーからの高速読み出しにより、高速な被写体を撮影する際に発生しやすい動体歪み(ローリングシャッター現象)を低減。電子シャッターによる最高1/32000秒の高速シャッタースピードを実現しています。

最高約16コマ/秒の高速連写

速度優先連続撮影時に、最高約16コマ/秒の高速連写が可能で、決定的な瞬間を逃さず捉えます。

作品づくりや映像表現に応える豊富な機能

画素加算のない全画素読み出しによる4K動画のHDMIクリア出力、映像作品全体のトーンをカメラ本体だけで作りこめるピクチャープロファイル、広いダイナミックレンジを実現するS-Log2、動画プリセットフォーカス※、タイムコード/ユーザービット、自動電源OFF温度設定など、プロフェッショナルの映像制作をサポートし、表現の幅を広げる撮影機能を搭載しています。

 

3.クリエイターの創造性を高める多様な視点からの新しい映像表現

別売りの電波式ワイヤレスコマンダー『FA-WRC1M』を用いて最大15台でのリモートレリーズ撮影が可能。また、モバイルアプリケーションPlayMemories Mobileをインストールしたスマートフォンやタブレットと、設置自由度の高いワイヤレスで接続する場合は、最大5台までの画角確認、シャッター/RECの操作ができます。さらに、アクセスポイントを活用すればより多くの台数による接続・操作が可能。また、別売りのカメラコントロールボックスを使用すれば、安定した有線接続でのカメラ操作と高精度な同期ができます。さらに、アクセサリーとの連携による撮影手法の広がりと併せ、クリエイターの創造性を高め、多様な視点からの映像表現により、新たな視点で映像の世界を広げます。

多視点からの撮影や水中での撮影、自分視点でのスポーツなどの撮影がしたい方にはオススメですが、そうでなければRX100mk3をオススメいたします。最近やっとソニーから魅力的な製品が発売されるようになりました。もう少し薄ければ首から下げてタイムラブス撮影しても楽しいと思いました。資金に余裕があれば手元に置いておきたい1台。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です