映画評「殿、利息でござる!」主演 阿部サダヲ

原作は磯田道史著「無私の日本人」。かなり前に読みましたが何ら自分の利益にならなくても宿場町のために奔走する人々の行為に感動しました。

「無私の日本人」作品紹介
貧しい宿場町の行く末を心底から憂う商人・穀田屋十三郎が同志と出会い、心願成就のためには自らの破産も一家離散も辞さない決意を固めた時、奇跡への道は開かれた…。無名の、ふつうの江戸人に宿っていた深い哲学と、中根東里、大田垣蓮月ら三人の生きざまを通して「日本人の幸福」を発見した感動の傑作評伝。

この原作を元に映画化されたのが「殿、利息でござる!」。原作に添いながら飽きさせること無く展開されていきます。阿部サダヲ主演で脇を瑛太、妻夫木聡、竹内結子などがガッチリ固めており地味ではあるものの見応えがありました。フィギアスケートの羽生結弦の殿様役はご愛嬌。本職の俳優がすごいことがよくわかります。

 

【ストーリー】
金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。
町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、さらに強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!
ビンボー庶民の一世一代の大勝負! 結果はいかに!?

【キャスト】
阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 寺脇康文 きたろう 千葉雄大 橋本一郎
中本賢 西村雅彦 山本舞香 岩田華怜/
堀部圭亮 斎藤歩 芦川誠 中村ゆうじ/上田耕一
濱田岳(ナレーション)重岡大毅(ジャニーズWEST) 羽生結弦(友情出演) 松田龍平
笛光子 山﨑努

今回はDVDレンタル半額キャンペーンで借りたので54円で観ることができました。Amazonビデオだと399円。この差がもう少し縮まれば店舗でレンタルしないのですが、7倍違うとさすがに返却が面倒でもDVDレンタルを選択してしまいます。Amazonが本気を出して100円〜200円ぐらいで観られるようになったらいいのに。

秋の夜長に観るにはオススメの作品なのでぜひ。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です