書評「最後だとわかっていたなら」ノーマ・コーネット・マレック著

先日、長女の塾のお便りに書いてあった「最後だとわかっていたなら」という詩に感動し、本が出版されていたので購入し読んでみました。

 

美しい写真とともに日本語と英語の両方で詩が綴られています。

 

每日平穏な日が過ぎて、家の布団で朝を迎えられるのは奇跡ということに改めて気付かされます。ぜひ家族や大切な人と一緒に読んでみてはいかがでしょうか。優しい気持ちになれます。

 

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
私はもっとちゃんと布団をかけて
神様にその魂を守って下さるように
祈っただろう

あなたがドアを出ていくのを見るのが
最後だとわかっていたら
私はあなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
私はその一部始終をビデオに撮って
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでいい…「あなたを愛している」と
私は伝えただろう

確かにいつも明日はやってくる
でももしそれが私の勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら
私は今日どんなにあなたを愛しているか伝えたい

そして私たちは忘れないようにしたい

若い人にも年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日後悔するだろうから

微笑や抱擁やキスをするための
ほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったこと
どうしてしてあげられなかったのかと

だから今日あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そしてその人を愛していること
いつでも
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすればもし明日が来ないとしても
あなたは今日後悔しないだろうから

 

毎日、健康で家族みんなで笑って過ごせることに感謝しています。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です