男心をくすぐる「ガンプラ EXPO in NAGOYA」に行ってきた

名古屋パルコで開催されている「ガンプラ EXPO in NAGOYA」に遅ればせながら行ってきました。この名古屋パルコで過去何度も開催されていますが、行く度にワクワクしてしまいます。積みプラがかなりあるので、もう買いませんが見てるだけで楽しめます。

 

公式HPより
1980年に誕生した「1/144ガンダム」以来、35年間で4億4500万個が販売され、進化し続けてきた機動戦士ガンダムシリーズのプラモデル、『ガンプラ』。
2020年には40周年を迎えるガンプラは、誕生以来、接着剤不要で、簡単にパチンと組み立てられる「スナップフィット」。塗装いらずの色再現を実現した「多色成形技術」。「ニッパーひとつあれば組み上げることができる」、そんな誰でも楽しめる身近さをガンプラは目指してきました。できあがりを想像しながら箱を開ける、あのワクワク感を。雑念が消えるほど夢中になれる、あの没入感を。ガンプラをより近くに感じて頂き、つくる楽しさをより多くの方に体感していただけることを願って、「ガンプラEXPO」がより身近なものになって名古屋で開催します。

 

 

会場では 様々なガンプラの作例やジオラマの展示はもちろん、最新のガンプラが展示されています。

 

中ほどでは10月以降発売のガンプラなど最新アイテムを展示。気になったのは既に発売されている1/48メガサイズモデル 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダムと実際に光るガンダムエクシア。こちらはガンダムダブルオー10周年の記念モデル。光る機構の完成度にも驚きましたが、ガンダム00の放映から10年経ったことも驚き。ドはまりしていたのが、ついこの間のような気がしますが、時が流れるのは早い早い。

 


 
その他、ガンプラ製作の世界一を決定するコンテスト“ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)”のチャンピオンの作例も一挙展示されており、必見の価値あり。

 

出口付近にはガンダムEXPO限定のガンプラが多数販売されています。つい手が出そうになりましたが、押し入れにまだまだ作っていないガンプラが眠っていますので今回は見送りました。

 

会場から少し離れた所にはオーガンダム00の特集コーナーがあり、こちらも見逃せません。ファーストガンダム、Zガンダム、ZZガンダム以降しばらく遠ざかっていましたが、このガンダム00で久しぶりにガンダムの世界に戻ってきました。大人が観ても十分に楽しめるシリーズでAmazonプライム会員なら無料で鑑賞できます。

 

すべて無料で鑑賞できますので、ガンダム世代はもちろん、そうでない方も訪れてみませんか。

ガンプラEXPO in NAGOYA
■ 2017年 10月 7日 (土) 〜 10月 29日 (日) (期間中無休)
■ 10:00 ~ 21:00 (最終日のみ18時閉場)
■ 入場無料
■ 会場:名古屋パルコ 西館8F パルコギャラリー
(愛知県名古屋市中区栄3-29-1)
■ 協力:創通・サンライズ

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です