大好きだったコーヒーを完全にやめて20日間経った結果

先日、ブログ「ものくろぼっくす」を運営されていて、親指シフトの師匠でもあるものくろ氏がコーヒーをやめたという記事を書かれていました。

コーヒーを止めてよかった8つのこと 毎日5杯以上飲んでいたのをゼロにして20日経過

8つもよかったことがあったがあったとのことなので、筆者も試してみることにしました。コーヒーにハマったきっかけは3年前に豊田市駅前の移動カフェ“CafebusNon”で淹れたてのドリップコーヒーを飲んだときから。それからは自宅でも美味しいコーヒーが飲みたくなり一通り道具を揃えました。近所に美味しい豆を提供する店も見つかり、毎朝ミルでコーヒー豆から挽いて美味しいコーヒーを飲むのが楽しみになりました。
※CafebusNonは、もう営業していません。

 

会社に行くときは自宅でコーヒーを多めに作ってマイボトルに入れて持っていきます。夏場は水出しコーヒー、冬場はドリップコーヒーを作ります。自宅で淹れると高級豆でも一杯50円ほど。マイボトルは350mlなのでおおよそ2杯分。それを昼食後と夕方に飲んでいました。基本的には1日3杯程度摂取していたことになります。

コーヒーの摂取を10月4日からゼロにしました。

1日目…特に何も変化なし
2日目…友人とスタバに行ったがコーヒーを頼まず。やはり食後にコーヒーを飲みたくなる。体感的には変化なし。
3日目…朝食後毎朝飲んでいたので、それがないのは寂しい
4日目…特に禁断症状はないが、食後のコーヒーは飲みたい。睡眠の質が良くなった感じがする。
5日目…ずっと外出していたこともあり、特に飲みたくならなず。夕方に眠くなり仮眠を取った。
6日目…どうしてもコーヒーを飲みたいということはないが、やはり食後に何か多少味や刺激のある飲み物は欲しい。炭酸水とかでもいいかも。
etc…
その後は、特に大きな変化もなく20日間が過ぎました。強いて言えば、夜、ちゃんと眠くなって、朝の目覚めが少し良くなった程度。ものくろ氏のように、もっと激的な改善があるかと思って期待していましたが、もともとの摂取量がそう多くなかったためか、思ったほど変わりなく終わりました。

20日目の朝、久しぶりにコーヒーを一杯飲みました。淹れたてのコーヒーは何とも言えず美味しく、素晴らしい飲み物だと改めて実感。今後は朝一杯だけ淹れたてのコーヒーを飲んでいこうと思います。

まとめ
・1日2〜3杯程度しか飲んでいなければ止めても特に大きな変化はない
・ゼロにすると多少寝付きはよくなり、朝の目覚めが良くなる
・嗜好品として毎朝1杯なら問題ない
・淹れたてのコーヒーはやはり美味しい

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です