舌がうなる名店紹介「うなふじ」(津市・うなぎ丼)

舌がうなる名店紹介シリーズとは・・・
仕事柄、全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

意外と知られていませんが、三重県にはうなぎの名店が数多くあります。特に津市には質が高くてお値打ちなお店があり、その頂点に立つのが今回訪れた「うなふじ」。13時過ぎに訪れましたが、ひっきりなしにお客さんが入ってきます。11時の開店前には行列ができるとのこと。

 

平日でしたが列整理用のタイガーボールが設置してありました。

 

うなぎ丼は並、上、特の三種類。並はうなぎが3切乗って1,300円、上は4切乗って1,730円、特は4切+ご飯の中に1切入って2,160円と超リーズナブル。人気メニューのきも焼はすでに完売していました。店員さんに聞いたら11時前に並んでいる人たちの途中でだいたい売切れ、12時まで残っていることは稀で1年に数回あるかないかとのこと。きも焼を食べようと思ったら10時30分か、2部の15時前に並ばなければなりません。

 

きも焼が食べられなかったので、ちょっと奮発して上を注文。そんなに時間がかからずうなぎ丼が運ばれてきまた。蓋が閉まっており中は見えません。否が応でも期待が高まります。

 

蓋を開けてみたら…しっかりした大ぶりのうなぎが4切れ乗っていました。かなりボリュームがあります。

 
うなぎ自体はとても香ばしく、味付けも完璧。ありきたりなフレーズではありますが、外はカリカリ、中はフワフワ。なぜこの状態は美味しいのでしょうか。外はフワフワ、中はカリカリという美味しいものは世の中にはないものでしょうか。あったら教えていただきたい(笑)

 

後から入ってきた方のほとんどは並を頼まれていたのですが、確かに並で十分のような気がします。もちろん、上はうなぎを存分に楽しめますが、1,300円であれば手軽に食べられます。うなぎ丼にはお吸い物と漬物がついています。お吸い物はうなぎの肝が入っていて上品な味わい。こちらも絶品。後で知ったのですが、鰻の頭を焼いた「半助」というメニューがあり、こちらも美味しいとのことなので次回チャレンジしてみます。

 

店舗は伊勢道 芸濃ICから車で約10分、名阪国道 関ICから約20分。伊勢別街道沿いにあります。店舗横には数台しか駐車場がないので、ピーク時は向かいの駐車場に停めることになります。

 

きも焼をどうしても食べたいのであれば10時30分か15時前に並びましょう。そうでなければ少し時間を外した平日の13時過ぎがオススメ。少し足を伸ばしてでも食べる価値は十分にあります。

営業時間は11:00~13:3015:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日は火曜日のみ、日曜日も営業しています。

うなふじ 食べログサイト・リンク

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です