風邪をひきそうになった時にリカバリーする4つの方法

娘と妻が胃腸風邪で寝込んでいます。先に次女がかかり、追いかけるように長女にうつり、最期に妻にうつりました。筆者も隣で川の字で寝ていますが、R1ヨーグルトを每日食べている効果でしょうか、今のところ寝込んでいません。喉がイガイガして、かなりマズイ状況ではありましたが、いくつかの風邪対策を実践し何とかリカバリーしました。これらを実践してから、ほぼ風邪で寝込むことはなくなりましたので紹介します。

 

ハナノアで鼻うがいする

少しでも喉や鼻に違和感を感じたら小林製薬のハナノアで鼻うがいをします。鼻の奥の雑菌を洗い流すことにより、風邪の菌は流れていなくなります。風邪のひきはじめに鼻うがいをすると黄色い痰のようなものが出てきます。これが風邪の病原菌の元なのでこれを出せば改善します。パッケージに書いてある通り、全く痛くありませんので安心してお使いください。我が家では常備しています。

 

新ハリーゴールド液を飲む

風邪にかかりそうかな?と少しでも感じたら小林薬品工業の新ハリーゴールド液Plusを飲みます。第2類医薬品のためAmazonでは販売されておりませんので、ドラッグストアなどで購入しています。これさえ飲めば身体が元気になるような気がしております。多少、プラシーボ効果もあるかもしれませんが、身体に合っているのか、良く効きます。価格はそこそこしますが、風邪をひいて寝込むことを思えば、十分対費用効果はあります。

 

ビタミンCを十分に摂る

レモンやみかん、キウイフルーツ、ビタミンCなどが入ったサプリメントなどを普段より多めに摂取し、身体にビタミンC をたっぷり取り込みます。余分なビタミンCは小便と一緒に体外へ排出されますので、摂りすぎても問題ありません。

 

たっぷり寝る

夜22時から朝6〜8時ぐらいまでたっぷり寝ます。8時間〜10時間眠ったらかなり回復するのが実感できます。22時から深夜2時までが回復ホルモンが分泌される時間なのでこのコアタイムに眠るようにしましょう。

以上、風邪にかかりそうになった時、リカバリーする方法を紹介いたしました。

普段からの風邪予防として
・明治ヨーグルトR1を每日食べる
・每日筋トレしてプロテインを飲む
・軽く1時間程度運動する
・眠る前に10分間瞑想する
・0時までに寝る
・出かける前にはアレルシャットを顔に噴霧する
ということを心がけています。これらを実践してから、インフルエンザは予防接種をしていないにも関わらず一切かかっていませんし、風邪で寝込むこともなくなりました。

これから気温が下がり風邪をひきやすくなりますので、十分注意しましょう。なにはともあれ健康が一番。元気にこの冬を乗り越えましょう!

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です