小売業に携わる方は読んでおきたい一冊。書評「コト消費」の嘘  川上 徹也著

以前主宰していた築地朝食会@名古屋のゲストで来ていただいたこともある川上徹也氏が「コト消費」の嘘を出版されました。マーケティングの達人でキャッチコピーの重要性などを長年伝えておられます。

今回の新刊については事前にゲラ原稿をPDFでいただき読ませていただきました。最近は「モノ」ではなく「コト」で消費者を掴め!と言われていますが、果たしてそれが正しいのかどうかが今回の本に書かれています。

ネタバレしてしまいますが、コトからモノへと繋げていかないと売上はあがっていきません。最近の商業施設は集客イベントなどの「コト」だけで途切れてしまっているパターンが多く、とても勿体ない。モノを陳列しているだけで売れる時代は終わりました。いかにストーリーをお客様に伝えて、モノを買ってもらうかが大切になっています。

先日、名古屋で開催された「エルメスの手仕事展」は「コト」から「モノ」へと繋げる素晴らしいイベントで、ショップへの誘導は特にしていないにも関わらず、エルメスショップへの来店数が急増し、スカーフが飛ぶように売れました。

KITTE名古屋で開催されている「エルメスの手仕事」展へ行ってきた

KITTE名古屋で開催されている「エルメスの手仕事」展がヤバすぎて再訪してみた

この本には「コトモノ消費」を上手に実践している店がたくさん載っています。小売業に携わっている方は、ぜひ訪れてみてください。きっと売上が上がるヒントが見つかります。台湾に面白い商業施設があることを知ったので久しぶりに訪れてみたいと思います。

れんこん三兄弟

ひまわり市場

買い物が超楽しい!POPが凄い山梨のスーパーに注目が集まってる。

宮原眼科(台湾)

中友百貨公司(台湾)

「コト消費」の嘘は11月10日発売。書店やAmazonでお買い求めくださいませ。

文庫本

Kindle版

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です