ヤマハ ボーカロイドキーボード VKB-100を体験してきた

12月9日に発売予定の「ヤマハ ボーカロイドキーボード VKB-100」のイベントをパルコ前で開催していたので、体験してきました。

 

ボーカロイドとは「初音ミク」に代表される機械の合成音声ボーカル。ボーカル+アンドロイドでボーカロイド。ユーチューブなどにはたくさんの作品がアップされています。今回発売になるボーカロイドキーボードはショルダータイプでどこでも持ち運び可能。スマホのアプリで歌詞を登録することにより、自分で作詞した歌詞をその場で音階をつけて歌わせることができます。

 

「おはよう」「こんにちは」といった簡単な言葉もキーボードを押せば発音されます。イントネーションを関西弁にしたり、各地の方言にすることもできます。

 

また、ピッチベントホイールを使えばビブラートを表現することも可能。歌詞をつけず、「ルルル」「ラララ」で歌わせることもできます。もちろん、普通のショルダーキーボードとして使うこともでき、ピアノを始め様々な音色が搭載されています。

ある程度ピアノが弾けるのであれば、結構楽しそうな気がします。価格は税込37,800円。このクラスのショルダーキーボードとしてはかなりお値打ちに設定されいてます。

初音ミクなどのボーカロイドに興味のある方はもちろん、バンドでショルダーキーボードを使いたい方にはオススメの一品。名古屋パルコの島村楽器でには実機が置いてありますので興味のある方は訪れてみてください。

ヤマハ ボーカロイドキーボード VKB-100製品情報

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です