アメトーーク「本屋で読書芸人」で取り上げられた全30冊を紹介します

アメトーークの毎年恒例の人気企画「本屋で読書芸人」。昨年この「本屋で読書芸人」で紹介された本をいくつか読みましたが、どれも良本で大満足。特に「マチネの終わりに」と「コンビニ人間」が面白く、とても楽しく読めました。

 


今年は若林正恭氏に代わり、東野幸治氏が初参戦。では四人の芸人が今年読んだお気に入りの本、全30冊を紹介していきます。本が好きな人がオススメする本はまずハズレがありません。
※上下巻は1冊としてカウント

東野幸治氏おすすめの9冊


蜜蜂と遠雷
恩田陸

ルビンの壺が割れた
宿野かほる

明るい夜に出かけて
佐藤多佳子

R帝国
中村文則

紀州のドン・ファン
美女4000人に30億円貢いだ男
野崎幸助

ホワイトラビット
伊坂幸太郎

ボクたちはみんな大人になれなかった
燃え殻

1984年のUWF
柳澤健

全裸監督
本橋信宏

 

光浦靖子氏おすすめの6冊


i(アイ)
西加奈子

巨女(おみおんな)
吉村萬壱

星の子
今村夏子

ピンポン
パク・ミンギュ

東京自叙伝
奥泉光

罪の声
塩田武士

 

又吉直樹氏おすすめの10冊


ビニール傘
岸政彦

歩道橋の魔術師
天野 健太郎、 呉明益

成功者K
羽田圭介

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
若林正恭

R帝国
中村文則

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
せきしろ

i(アイ)
西加奈子

しんせかい
山下澄人

揺らぐ玉の緒
古井由吉

神秘大通り(上・下)
ジョン・アーヴィング

 

カズ・レーザー氏おすすめの5冊


応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱
呉座 勇一

サピエンス全史
ユヴァル・ノア・ハラリ(上・下)

妻に捧げた1778話
眉村 卓

ムー公式 実践・超日常英会話
宇佐 和通

スティーブ・ジョブズ (小学館版学習まんが人物館)
大谷 和利 (監修),‎ 上川 敦志

 

紹介した本は、約1ヶ月間代官山・蔦屋書店で特設コーナーが設けられます。

今回重なっていたのは西加奈子著「i」と中村文則著「R帝国」の2冊。
個人的に読みたいと思ったのは、恩田陸著「蜜蜂と遠雷」、宿野かほる著「ルビンの壺が割れた」、眉村 卓著「妻に捧げた1778話」の3冊。とりあえずこの5冊は読んでみます。

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です