熱田神宮宝物館の新春特別展「日本の聖地〜伝世の神社宝物〜」を観てきた

長女が熱田神宮の書き初め大会に参加している間の待ち時間に宝物館で開催されている新春特別展「日本の聖地〜伝世の神社宝物〜」を観てきました。毎年、観ていますが全国の著名な神社の宝物が展示されており、見逃せない展示会のひとつになっています。

 

今年は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄ほか名だたる武将たちの神々に対する祈りの証の国宝・重要文化財あわせて20点ほか75点を展示してあります。特に国宝の「短刀 銘 来国俊 正和五年十一月日」は素晴らしい刀剣で観ているだけで惹き込まれます。

 

普段なかなか目にすることのない、徳川家康の判金請取書、織田信長、豊臣秀吉の朱印状、徳川吉宗の墨画など貴重な宝物が並んでいます。国宝の短刀をはじめ、重要文化財の太刀、剣、脇指など刀剣好きにはたまらない展示内容になっています。

展示構成は
第1章 久能山東照宮
第2章 三嶋大社
第3章 富士山本宮浅間大社
第4章 静岡浅間神社
第5章 秋葉山本宮秋葉神社
第6章 南宮大社
第7章 熱田神宮
となっています。

入場料は特別展示のため800円ですが、充分その価値はありますので、熱田神宮へ参拝した後はぜひ、宝物館へ立ち寄ってみてください。

新春特別展「日本の聖地〜伝世の神社宝物〜」

会期
1月1日(月)〜1月30日(火)
期間中は無休
9時から16時まで
1月20日(土)、27日(土)午後2時から文化殿行動にて特別講演会開催

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です