iPhoneのストレージが圧迫されてきたらLINEアプリのキャッシュデータを削除してみよう!

iPhoneを使っていると知らないうちにストレージが圧迫されてきます。写真や動画などを最高画質で撮影しているとあっという間にストレージがいっぱいになります。これらはGoogleフォトに逃したり、PCにバックアップすれば解決されますが、PCへのバックアップは結構手間がかかります。

お手軽にストレージの容量を空ける方法があります。それはLINEアプリのトークで使っているキャッシュデータを削除すること。使っている期間やトークの数にもよりますが、500MB〜2GBぐらいは容量が空きますので、ストレージが圧迫されている方はぜひお試しください。方法は次の通り。

LINEアプリを立ち上げたらまず右下の「・・・」のアイコンをタップ、その次に右上の歯車のアイコンをタップ

トークをタップ

 

データの削除をタップ(まだここでは消えません)

 

削除画面のキャッシュデータにチェックを入れ、選択したデータを削除をタップ

 

データを削除をタップ(今回は642.2MBデータを削減できました)

 

たったこれだけの作業で500MB〜1GB程度のデータを削除することができます。トーク内の画像データはそのまま残りますのでご安心を。iPhoneのストレージが圧迫されて困っている方やギリギリになって動作が著しく遅くなっている方はぜひお試しください!

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です