相手のことを簡単にプロファイリングできるたったひとつの質問とは?

先日美崎栄一郎氏が開催するパーソナルブランディング(以降PB)に参加しました。1回目は上手な自己紹介の方法で、様々なテクニックを学びました。

 

PBの後半で自己紹介した後に、さりげない簡単な質問を投げかけて、相手が独身なのか、結婚しているのか、子どもがいるのかなど相手の情報を得られるテクニックを伝授いただきました。

 

その質問とは「昨日の朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんはそれぞれ何を食べましたか?」というもの。
「昨日、食べたものって思い出せないこともありますよね〜。脳トレがてら教えてください!」などと付け加えると、より自然に聞くことができます。

実際にPBの場で試しましたが、参加者のおおよその家族構成などがわかりました。その後も、個人的に自己紹介をする機会が何度かあり、その場を盛り上げることも兼ねて、この質問をしたところ、面白いように相手のプロファイリングができました。

 

この「朝昼晩ご飯は何食べた?」という最初の質問だけでは情報が足りない場合は、答えに対してさらに質問を投げかけてみると新たな情報が引き出せることもあります。例えば、朝食がご飯、味噌汁、納豆だった場合には、「普段から和食が多いんですか」とか、晩御飯が外食だった場合は「いつも外食なんですか?」などと聞いてみると新たな展開に発展します。この時に好きな食べ物を聞いたり自分から発言すると、とても盛り上がります。

 

この方法をより効果的にするためには自分からごはんの紹介を始めること。情報量が後の人にアンカリングされるので、たくさん情報を出せば次の人は、このぐらい話さないといけないんだと思い、たくさん話してくれます。自分がメニューだけしか話さないと相手の情報量もおのずと少なくなります。一方、「誰と一緒に食べたと」か、「今日は◯◯を食べたけど普段は△△が好きでよく食べます」などとメニュー以外の情報を盛り込むと相手も同じように話してくれます。

もし、飲み会などの場で気になる人がいて、独身なのか、一人暮らしなのか、彼氏はいるのかなどをさりげなく聞き出したい時にはこの方法テクニックを使ってみてください。きっと相手のことがよくわかるはず。お役に立てれば幸い。

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です