名古屋パルコで開催中の「妖怪・ミイラ展」へ行ってきた

名古屋パルコで開催中の「妖怪・ミイラ展 〜浮世絵から幻獣ミイラまで〜」に行ってきました。4月21日(土)〜5月13日(日)までの期間限定イベント。怖いもの見たさが満たされる!というダジャレなキャッチコピーに惹かれ、会場を覗いてきました。

 

会場内には国内最大級の妖怪コレクションから厳選した貴重な資料を展示されています。妖怪資料コレクターであり研究家として著名な湯本豪一氏が蒐集した国内最大級の妖怪資料「湯本豪一コレクション」が広島県三次市に寄贈され、同市は、 平成31年春に「(仮称)湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」を開館し、コレクションの収蔵・展示を予定しています。

今回はその資料の中から、初公開となる資料を含め、厳選した浮世絵や絵巻、妖怪のミイラ(正体は哺乳類、鳥類、爬虫類などの生物を加工したもの)など紹介。妖怪ファンはもちろん、一般の方々も楽しめ、昔の人々の生活の中で「妖怪」というものがどのように存在していたのかという学術的な面も含んだ展覧会になっています。

 

会場内は写真撮影OK。今の時代、SNSでいかに拡散されるかが集客のカギ。未だに撮影不可などと書いてあるイベントは主催者が時代の流れを掴んでいません。その点ではこの展覧会はイケてます。

 

第一章妖怪世界へのいざない

葛飾北斎の錦絵「百物語」や 「百鬼夜行絵巻」など貴重な資料を展示してあり、ちょっぴり怖いけど、どこかユーモラスな妖怪の絵が見られます。


解説が大人用、子ども用と二つありますので、小学生でも楽しめます。

第二章 幻獣 河童や人魚たちの世界

頭は人間、体は牛の妖怪「件くだん」や人魚、烏天狗のミイラが公開されています。いかにも作り物っぽいのもあれば、本当にいたのかも?と思わせるものまで色々。ちょっと不気味な感じがしました。

 

「件」は撮影して手元に持っておくといいことがあるとか、ないとか。

 

出口を出ると妖怪グッズが並んでいます。カワイイデザインのものもあり、記念に買ってもいいかも。ピンバッジがあれば買おうと思ったのですがなかったのでスルーしました。

 

入場料が大人1,000円というのは展示の内容からするとちょっと高い感じがしました。パルコカードをその場で作ると無料になりますので、まだ持っていない方はぜひ利用してみてください。その他、金券ショップなどで招待券がお値打ちに出ていることもありますので、事前に買っておくのもおすすめ。個人的な感覚ではありますが、500〜700円ぐらいなら妥当な価格のような気がします。

まもなく、GWが始まります。どこに行こうか迷ったときには、妖怪が好きなら訪れてみてもいいかもしれません。

妖怪・ミイラ展

[会期]
2018年4月21日(土) 〜 5月13日(日)
10:00-21:00 (最終入場 20:30)
※最終日は19:00まで(最終入場 18:30)

[会場] 名古屋パルコ西館8階パルコギャラリー

[料金] 一般1,000円/高校生・中学生800円/小学生以下600円

※価格は税込
※当日券は会場入り口にて販売
※3歳未満入場無料
※小学生以下は保護者同伴でご入場ください
※学生証の提示をお願いします
※再入場不可
※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の方1名様まで無料

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です