2018年6月の平日、雨の日に訪れたIKEA長久手の最新情報!駐車場の混雑具合は?リアルタイムで状況を知るには?

オープン当初は駐車場に入るだけで2〜3時間待ち、さらに入店に2時間待ちと大混雑したIKEA長久手。名古屋人は新しいものに飛びつきますので、大きな商業施設がオープンすると人口の割に、とんでもなく混雑します。

そんなIKEA長久手もオープンから半年と少し経って落ち着いたので、平日の雨の日、開店直後の10時15分に訪れました。駐車場は1階はすでに満車、2階がおおよそ7割埋まっている状態。前回5月半ばに訪れたときは晴れ、今回は雨だったのでお客さんが少ないかと思いましたが、全く変わらず。

 

なお、リアルタイムの駐車場の混雑状況を知るには「Yahoo!のリアルタイム検索」が便利。TwitterやFacebookなどの投稿をリアルタイムで検索、表示してくれます。

 

今回も店内に入るのに入場制限はなく、スムースに入れました。駐車場からは雨でも濡れずに店内まで行けます。入口は1階にありますが、2階からスタートします。ブースごとに様々なテーマがあり、これらのコーディネートを眺めているだけでも楽しめます。自宅でアレンジするときの参考にもなります。

 

店内には「この夏は、体感−3℃をめざそう!」というPOPがあちらこちらにあり、暑い夏を涼しく過ごすための提案がされていました。

 

前回、キャンペーンでもらったポイントが3,000円ほどあり、ある程度欲しいものが決まっていたのでさらっと早足で買い物を済ませました。他に用事があったため、レストランは利用せず。当日はシーフードフェアが開催されていました。

 

店内の混雑具合はこんな感じ。通路が広いので多少お客さんが増えても問題ありません。

 

ディスプレイしてある商品は基本的には1階の奥に置いてありますので、2階で無理して買う必要はありません。商品ストックは天井に近い高さまで積み上げられており壮観。クレーンで積むんでしょうが、規模がアホほどデカくて、さすが世界のIKEAということを実感します。

 

購入したものの中から、いくつかオススメ商品を紹介します。

アイスキャンディーメーカー

ジュースを入れて凍らせるとアイスキャンディーができます。スーパーなどで売っているアイスは添加物が色々入っているので、無添加のジュースを使ってアイスキャンディーを作りましょう。ただし、食感は市販のアイスと比べると固くて食べにくく、ジュースそのままでは甘さが足りないのではちみつなどを加える必要があります。

 

ふた付きボックス

耐摩耗性に優れた、重ねられる防水ボックス。屋外でも使えます。ふたはロック付きで収納物を湿気や汚れから守ります。バットやグローブ、各種ボールなど、子どもの遊び道具を仕舞っておくのに最適。

 

ヴァリエラボックス

多用途ボックス。持ち運びしやすいよう両側に手をかける穴があいています。角が丸いので拭き掃除などお手入れが簡単で使いやすい。お菓子などのストックを入れるのに使っています。

 

ペンダントランプ

ほのかな明かりがおしゃれなペンダントランプ。リビングのランプが13年以上経ち、古くなったので買い替えました。折り畳まれているので持ち帰りの際はコンパクトな箱に入っています。組み立てはプラスチックの板をゴムバンドで留めていけば簡単にできあがります。

 

早速、自宅に設置しました。めちゃくちゃオシャレでいい感じ。これで2,999円はコスパ最高。

 

ウッドタイル

4コマでひとつになっており、大きさを調整することができます。玄関やベランダなどに敷いたら、見違えるようにオシャレになります。

 

11時30分にレジへ行きましたが、待ちで時間はゼロ。すぐ会計ができました。ただし、12時を過ぎるとそれなりに待つことになります。平日であれば10分〜15分ほどですが、土日は時間帯によっては、まだ30分以上待つこともあるみたい。前回いただいたポイントを使ったのでさらにお値打ちに買い物できました。

 

帰り際、12時には駐車場はほぼ満車。最上階が空いてるだけになっていました。

 

ヒュッゲな生活を送ることができるオシャレでクオリティの高い雑貨や家具が格安で提供されるとなれば、人気が出ないわけがありません。地方のIKEAは苦戦しているとのことですが、持ち家比率が高い東海地区にあるIKEA長久手の人気はしばらく衰えそうにありませんので、ゆっくり見たい方は、ぜひ平日にどうぞ。

ほな!おおきに!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です