父の日ギフト好適品!モノを失くしても見つかる!落とし物トラッカー「Tile」

ここ最近、格段の進化を遂げている落とし物トラッカー。色々な種類がありますが、その中でイチオシなのが「Tile」。どこへいったかわからなくなった場合、Bluetoothを内蔵しており、通信圏内であれば、スマホからアラームを鳴らしてくれます。また落とした場合でも、最後に失くした場所と時間をアプリで確認することができます。日本人が一生のうち、 落し物を探す時間にかける時間はなんと平均146日間。Tileを使えば、その時間を大幅に削減できます。

 

Tileの4つの特長

 

音を鳴らして場所をお知らせ

Bluetoothの接続範囲内に「探し物」が あれば、音を鳴らして場所を教えてくれます。

 

スマホを見つける

スマホがない!そんな時は慌てずにTile をダブルクリック。サイレントモードに設定をしていても、音で場所をお知らせします。

 

最後に検知した場所を記録

最後に落とした場所と時間をアプリが記憶してくれているので、見当を付けて探しに行く ことができます。

 

世界最大級の落し物コミュニティー

Tileは世界最大級の落し物コミュニティーを構築。「探し物」の近くを他のTile の利用者が通ると アプリで場所をお知らせしてくれます。

 

オススメの理由はTileの利用者が多い点。他の落とし物トラッカーよりユーザー数が格段に多く、特に海外ではTileのユーザーがたくさんおり、落とし物をしてもTileをつけていればかなりの確率で見つかります。Tileユーザーは日本でもこれからどんどん増える見込み。

 

電池の使用時間は約1年間。電池が切れたら割引価格で購入することができますが使い切りと思ったほうがいいでしょう。一番安いTile Mateの場合、年間約2,000円弱、ひと月当たり160円ほど。これで紛失のリスクを防げるのであれば使い方によっては十分価値があります。

 

Tileは用途に合わせて3種類のラインナップがあります。価格が手頃で小さくキーホルダーにつけても邪魔にならない「Tile Mate」、探索範囲が広くお財布に入れてもかさばらない「Tile Slim」、検知距離がさらに強く防水性能と耐久性が高い「Tile Sports」が揃っているので、自分の用途に合わせて選ぶことができます。

 

落とし物トラッカーを買おうかどうしようか考えている方は「Tile」をぜひ試してみてください。

 

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です