7月6日(金)新発売のYAMAHAフロントサラウンドスピーカーYAS-108を体感してきた

7月6日(金)新発売のYAMAHAフロントサラウンドスピーカーYAS-108を早速ヨドバシカメラで体感してきました。バーチャル3Dサラウンド技術に対応した、ワンボディでスタイリッシュなサウンドバーでYAMAHAスピーカーの最新技術が詰まっています。

 

実際に、デモ映像などを鑑賞しましたが、音が後ろから聴こえるのはもちろん、上から降ってくるように聴こえる不思議さ。戦闘機が飛び回る映像とともに音がグルグルと動き、いやはや驚きました。

 

このクオリティのスピーカーが3万円以下で買えるとはすごい時代になりました。

 

フロントサラウンドシステム YAS-108の特徴

1. バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、高さ方向のバーチャル音場も実現

2. HDR・4K/60pパススルーなどに対応したHDMI端子や、快適に使える便利な機能を搭載

3. Bluetooth®機器からの音楽再生や専用アプリによる操作等ができ、マルチポイント接続にも対応
(専用アプリは2018年8月対応予定))

4.スタイリッシュなデザインとスリムなフォルムで優れた設置性を実現

 

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、高さ方向のバーチャル音場も実現

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドモードを搭載しています。これにより、映像と音声との一体感が向上し、前後・左右の広がりに加え、上方から包まれるような音の広がりが感じられるようになることで、映像・音楽の世界への没入感が向上します。

 

HDR・4K/60pパススルーなどに対応したHDMI端子や、快適に使える便利な機能を搭載

Ultra HD ブルーレイ規格で規定されたHDR映像や4K/60p映像信号のパススルー、HDCP2.2に対応した入力/出力のHDMI端子を装備し、 HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC) にも対応しています。さらに、HDMI接続中の対応テレビ・レコーダーと連動して、本機の電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能なHDMIコントロール機能(リンク機能) も搭載しています。その他に、人の声と背景音を判別 して人の声を強調し、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」を搭載するなど、簡単にテレビの音声を臨場感あふれるサラウンドで楽しむこと ができます。

 

Bluetooth®機器からの音楽再生や専用アプリによる操作等ができ、マルチポイント接続にも対応

本機はBluetooth®にも対応し、スマートフォンやタブレットなどBluetooth®対応機器内の音楽コンテ ンツを、手軽にワイヤレス操作で再生可能。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、 Bluetoothスマートフォンなどからの圧縮音源を高音質で聴けるとともに、高音質音声コーデックAACを搭載し、 iPhone等の音声をクリアな音で楽しめます。また、2機種のBluetooth®対応端末を同時に本機と接続できる「マルチポイント接続」が可能で、音楽再生の切り替えが簡単に行えるほか、Bluetooth®スタンバイ機能に対応し、スタンバイからBluetooth®接続することで本機が起動・再生します。さらに、専用アプリ 「HOME THEATER CONTROLLER(2018年8月対応予定)」をお手持ちのモバイル端末にインストールすることで、電源ON/OFF、音量調整、入力切替のほか、ステレオ・サラウンド・3Dサラウンドの切り替え、5種類(映画/テレビ番組/音楽/スポーツ/ゲーム)の3Dサラウンドプログラムや5.1chバー チャルサラウンドプログラムの切り替えなども、画面上から行えます。

 

スタイリッシュなデザインとスリムなフォルムで、優れた設置性を実現

『YAS-108』は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面の邪魔になりにくい、高さ53mmのスリムなワンボディを実現しています。ボディの両サイドを半円形にした洗練されたフォルムと、ファブ リックカバーを採用したスタイリッシュなデザインに仕上げています。また、ボタンはタッチセンサーを採用し、軽く触れるだけで電源や音量などの操作ができ、チャイルドロック機能も搭載しているので、 幼いお子様による誤操作なども防ぎ安心して使用できます。さらに、シンプルな形状・ボタンは、テレビやインテリアにもマッチしやすく、ボディを薄くしたことで壁掛けでもすっきりと設置できます。

 

少し前にBOSEのSOLO5を購入したので、さすがにすぐに買い替えはしませんが、外付けスピーカーを持っていなければイチオシの一品。テレビから直接出る音とは全く違いますので、TVモニターで映画を観る方はフロント外付スピーカーは必須。気になる方は、ぜひ一度この最新3Dサラウンド技術を体験してみてください!

 

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です