CATEGORY 書評

書評「齋藤孝の速読塾」齋藤孝著

本を読む速度は一般の人よりは速い方ですが、速読術を極めた人は1日に10冊以上の本を読むことが可能とのこと。たくさん読みたい本がありますが、1日2冊程度が限界なので、もっと早く読むことができないかと、この本を手に取りました…

書評「仕事をしたつもり」海老原嗣生著

先日、知人が海老原嗣生氏の講演会に参加しました。筆者も行きたかったのですが都合がつかず断念。参加した知人に内容を聞いたら、講演内容の多くはこの本にまとめられているとのことで早速読んでみることに。   日本では昨…

書評「文章力の基本」安倍紘久著

この「文章力の基本」は妻がAmazonで見つけて面白そうだったので購入。仕事でもプライベートでもたくさん文章を書くので文章力は需要。社会人なら仕事で、学生なら学校で、主婦ならPTAなどで文章を書くことはあるでしょう。企画…

自律神経を整えるぬり絵を試してみた

我が娘たちは絵が大好き。次女は特にぬり絵が好きでイベントなどにぬり絵が置いてあると必ず持ち帰ってきて一生懸命ぬっています。幼稚園は宿題がなく、時間があるのでどんどん描いていくのであっという間にぬり絵帳が終わります。子ども…

書評「コンビニ人間」 村田沙耶香著

アメトーークの読書芸人の回でピース又吉、オードリー若林、オアシズ光浦の3人がオススメ本としてあげていたのがこの「コンビニ人間」。読書家がオススメする本はまずハズレがなく、この3人が重なるということは相当面白いはず、と思い…

書評「マチネの終わりに」平野啓一郎著

アメトーークの読書芸人の時にピース・又吉氏とオードリー・若林氏がおすすめしていたのが平野啓一郎著「マチネの終わりに」。この二人がおすすめするなら絶対に面白いとは思っていましたがなかなか手が伸びず時間が経ってしまいました。…