2016年秋 あなたの環境で4Kテレビは本当に必要ですか?

私のブログの中でコンスタントにPVがあるのが「あなたの環境で4Kテレビは本当に必要ですか?」という記事。昨年1月に書いた最初の記事、今年の1月に更新した記事どちらも同じぐらいの人気があります。PVは一定の時間をかけて右肩上がりになってそのまま全く落ちることがなく一定の水準で推移しております。

2015.01.05
あなたの環境で4Kテレビは本当に必要ですか?

2016.01.19
2016年度版あなたの環境で4Kテレビは本当に必要ですか?

最後の記事から半年以上経ち、4Kテレビの価格もかなり下落しましたので再度調査し記事を更新しました。

9月11日(土)にヨドバシカメラへ価格調査がてら店頭を視察しました。ほぼ4Kテレビで埋め尽くされていましたが端の方に所々2Kのテレビも置いてありました。4Kテレビの価格はオリンピックが終わったこともあり相当下がっておりました。さて、この秋の時点では4K、2Kどちらがいいのでしょうか。

今回の判断としては「画質としてはほとんどの方は2Kで十分。ただし時と場合によっては4Kを買ってもいいかも」という結論になりました。というのも現品処分品などでは2Kテレビより4Kテレビの方が安い場合がでてきました。以前は現品処分品などでもまだまだ2Kと4Kの価格差があり4Kの方が2〜3割ぐらい高かったのですが今回ヨドバシカメラで展示してあった現品処分品は同じサイズの2Kテレビより安い値段がついていました。もちろん、現品処分品は長時間点灯されているので新品と比べるとLEDの消耗などが進んではいますが最近のテレビのLEDは寿命が長いので気にするほどではありません。

img_7740 img_7742 img_7741

もし、今テレビを買い換えるタイミングだったら相当悩んで4Kを買うかもしれません。ただ、現行の放送では4Kのスペックを活かせる映像を観ることは皆無。11月10日に発売予定のハイスペック版PS4「PlayStation4 Pro」なら4Kテレビを活用できますが、地デジだけなら無用の長物。

さらに付け加えると2018年から開始予定の4K・8K実用放送は今販売している4Kテレビ・4K対応テレビではそのまま見ることができません。外付けチューナーをかまさないとBS・110度CSの4K・8K実用放送は映らないことが発表されました。メーカーはなんと無計画、無責任なのでしょうか。総務省のHPに記載があります。

現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ

その他、詳しい内容やQ&AについてはJEITA(電子情報技術産業協会)のHPに記載があります。

JEITA よくある質問(Q&A集)

2018年に始まる4K・8K実用放送は現行の衛星放送とは異なった仕組みで放送されます。現在販売されている4Kテレビや4K対応テレビには、BS・110度CSによる4K・8K実用放送の受信機能は搭載されていません。

と書いてあります。

HP記載のちらしの画像を貼っておきます。そのままでは見られないと書いてあるところは赤枠で囲みました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-21-10-10 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-21-10-24

というわけで2Kだろうが4Kどちらを買っても、2018年に開始される4K・8Kの本放送をテレビ単体で観るには買い替えが必要になるので価格が安いテレビを買っておけばいいような気がしています。

ちなみに2K・4Kどちらを選択するかの目安は下記の通り。以前のブログから要点のみ抜き出しました。

///////////////////////////////////////////////////

そして辿り着いた結論は「ほとんどの環境では4Kテレビはまだ不要」ということです。
メディアに踊らされて高いテレビを買うのは賢い選択ではないようです。ただし4Kを選んだほうがいい環境の方もいらっしいますので、要る、要らないをわかりやすくまとめてみました。個人的見解なので、参考程度にしていただければ幸いです。

必要な人

サイズが55インチ以上 かつ
視聴距離が近い2m以内 かつ
パソコンのディスプレイにも使う かつ
BDで映画をよく観る かつ
4K放送に申し込みしている かつ
補正視力が1.0以上 かつ
資金が潤沢で少しでも綺麗な画面で観たい人

必要ない人

サイズ55インチ未満 または
視聴距離がゆったり2m以上ある または
テレビ番組やDVDなどで鑑賞している または
できるだけお金をかけたくない または
画質にはそんなにこだわらない または
補正視力が1.0以下

量販店で4K比較で並べて置いてありますが、かなりトリック入っています。まず、比較するポジションの視聴距離が極端に近いこと。ついつい近くで観て「こんなに差があるんだ!」と思ってしまいますが2m以上離れて観てください。きっと差がわからないはずです。店頭で観ているような距離でずっと観ることはまずありません。

しかも現時点では4K放送は限られたプログラムしかありません。店頭で観ているような映像を家庭で見ることはほとんどないのです。BDはアップコンバートで多少綺麗になりますが少し離れれば差は僅少です。さすがに60インチを超えると差がわかりますが。ただ差が分かる程度で絶対4Kでないと耐えられないという状況はまずないでしょう。60インチでも地上波デジタル放送では違いがわからないです。

私の場合リビングでは気軽に映画を観るか、妻とお笑いを観る程度。あまり大きい画面は必要ありません。でも、もうワンサイズ上でも良かったかなと思います。これはレビューなどでも書いてあった通りですので、ちょっと大きいかな?ぐらいだったらすぐ慣れることでしょう。

///////////////////////////////////////////////////

こんなブログを書いておりますが、私自身はほとんどテレビを観ません。生で観ることは全くありませんし、毎週録画して観るテレビは「カンブリア宮殿」「がっちりマンデー」「情熱大陸」「吉本新喜劇」ぐらい。テレビを観るなら本を読んだほうがずっと幸せで豊かな人生を送ることができます。ただし映画は素晴らしいので大きめのテレビを買ったらぜひ映画を観ることをオススメいたします。

ほな!

2 件のコメント

  • 今、テレビを買い替えしようとしていて、量販店で画質を比較していますが、その差は私には分かりませんでした。やっぱり、2Kテレビにしようと思います。ただし、2Kテレビは種類が少ないので、困りますが。

    • そうですね。少し離れたら分からないと思います。PS4Proでゲームするなら4Kテレビ買っても価値あるかもしれませんが、それ以外はほぼ不要だと思います。ソニーがオススメです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です