レゴランドの横にあるメイカーズピアの寂れっぷりが半端なかった

先日、ポートメッセなごやに用事があり、店舗がどんどん撤退していると話題のメイカーズピアにランチがてら立ち寄りました。

場所としてはポートメッセなごやから駅の方へ行く途中、レゴランドの入口前にあります。ポートメッセなごやから駅までの道路の角に大きな案内看板があります。

 

ここから歩いて行くとすぐにメイカーズピアの敷地に到着。まず一番最初に目に入る店舗がすでに空き物件となっていました。ガラス張りでは目立つからでしょうか、壁紙がガラス一面に貼られてカモフラージュされていました。

 

そこから奥に向かうと何軒も空き物件が続きます。完全に空の状態のところもあれば、まだ什器が残っているような場所もあります。1月末で撤退した店舗もありました。

 

 

また「ただいま休憩中です。13:15頃戻ります」という看板をかけて店に入れない店が2店舗ほどありました。おそらく人件費削減でワンオペのため交代要員がいないのでしょう。

 

マップ看板は一見、白塗りで撤退した店は2店舗だけのように見えますが、黄色の「多目的スペース」「休憩所」「メイカーズピアラウンジ」は空き店舗に椅子とテーブルを置いただけのスペース。そして、よく見ると番号がかなり飛んでいます。20番までだけでも5,6,8,10,12,13,15,18,19がすでに欠番状態。いやはやすごいことになっていました。

 

会場中央には噴水があり定期的に音楽とともに噴き上がっていました。誰も見ている人はおらず…。AKB48の365日の紙飛行機が虚しく響きます。


 

ただし、噴水広場の周りの店舗はまだ撤退しておらず踏みとどまっている様子。昼食の真っ只中の13時前の時間帯にもかかわらず、そこそこ混んでいたのは唯一ラーメン屋のフジヤマ55だけ。それ以外はどこも空いていました。

 

 

ランチがてら入ったベーカリーショップのアンティークはお客さんの9割がポートメッセなごやのイベントの出店者と来場者。レゴランドに来ていると思われるのは一組だけという状態。イベントが開催されていない日はおそらくガラガラだと思われます。

 

「旨いもんは路地裏にある」と書いた看板があったので一応覗いてみましたが、小さな居酒屋が一軒あるのみ。店舗がいくつも空いているのにも関わらず誰にも気づかれないような場所で営業している意味がわかりません。今更、店舗移動する体力もないのでしょうか。

 

13時前後に40分ほど滞在しましたが、テーマパークの横にある施設とは思えないほど人がいません。1周してもすれ違うのはほんの数組。しかもほぼイベントの出店者もしくは来場者という状況。

 

電車で行くとしても名駅からも遠く不便で、車で行ったとしても駐車場から遠く、しかも駐車料金がそこそこ高いとなると今後も集客は望めそうにありません。このままどんどん歯抜けになって閉鎖される運命しか残っていないような気がします。おそらく今出店している店舗もいつ撤退しようかと思案しているのではないかと思われます。

レゴランドの人気にあやかって作られた施設だけに、本体がコケて目も当てられない状況といったところでしょうか。一縷の望みとしてはレゴランドが拡張されることとホテルができることぐらい。

ただし、一度つまらないと評判になった施設を立て直すのはかなり難しいと思います。USJのようにV字回復することは相当しんどいのではないでしょうか。それにしても名古屋はこういった施設を作るのが本当に下手。イタリア村もあっという間に閉鎖しましたし…。

もし、まだ行ったことがない方は、無くなる前にぜひ一度立ち寄ってみてください。

ほな!おおきに!