人生の大事な教訓を知ることができました!書評「1%の努力」ひろゆき著




定期的に本屋に足を運んで平積みになっている本をザーッと眺めて、気になった本は手にとって読んでいます。

読むのはかなり速い方なので、一冊流し読みで読み切ることもあれば、じっくり読みたい場合はその場で購入することもあります。

先日、ひろゆき著「1%の努力」を立ち読みしました。

 

ひろゆき氏の発言は賛否両論ありますし、正直薄っぺらいと思うこともありますが、時々核心を付いていることもあります。

今回、読んで一番気づきになった「壺に何をいれるか」という話を取り上げてみます。

ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。

壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。

そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。

一人の生徒が「たぶん違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、教壇の下から砂の入ったバケツを取り出した。

それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺は満杯になったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。

教授は水差しを取り出し、壺の縁まで なみなみと水を注いだ。

彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか?」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しいときでも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込むことは可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこではないんだよ。この例が私たちに示してくれる真実は、 大きな岩を先に入れない限り、それが入る余地は、その後二度とないということ なんだ」

君たちの人生にとって「大きな岩」とは何だろう、と教授は話しはじめる。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であった り、自分の夢であったり……。

ここでいう「大きな岩」とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。

さもないと、君たちはそれを永遠に失うことになる。

もし君たちが小さな砂利や砂、つまり、自分にとって重要性の低いものから壺を満たしていけば、君たちの人生は重要でない「何か」に満たされたものになる だろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その 結果、それ自体を失うだろう。

さあ、どう感じただろう。 人生において何を優先させるかは、一度じっくりと考えておいたほうがいい。

「自分にとっての『大きな岩』はなんだろう?」

つねにそれを問いかけてみよう。

そしてできれば、言語化して人に伝えるのがいい。

「私にとって『食事』は重要なので、テキトーなお店の飲み会には行きません」 「年に1回は『海外旅行』に行きたいので、前もって休みを宣言します」etc…。

 

皆さんにとって「大きな岩」はなんですか?

ぜひ、一度、紙に書き出してみてください。

ワタクシの場合、先日受講した価値観ババ抜きワークショップで自分の重要な3つの価値観は「自由」「優雅」「学び」ということがわかりました。

特に「自由」は一番はじめに確保したかったので、これが最優先事項になります。

3月からフリーランスになり、自由といえば自由になりますが、逆に責任がすべて自分にあるので上手にコントロールしないと自由に生きるのはむしろサラリーマン時代より難しくなるかもしれません。

この「壺に何を入れるか」の話を教訓にして新しいライフスタイルを楽しんでいきます!

created by Rinker
¥1,336 (2022/10/06 17:30:54時点 Amazon調べ-詳細)
ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!