iPhoneでKindleを音声で読み上げる機能を使い始めたら読書がより一層捗っている件

AmazonにはAudible (オーディブル) ・ オーディオブックという本の朗読を聴いて楽しむ定額制サービスがあります。ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルの豊富なタイトルから、Audibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツを、いくつでも自由に聴くことができます。ただし月額料金が1,500円(税込)かかるため、1ヶ月無料体験があるものの、申込みにまだ踏み切れていません。

踏み切れないもう一つの理由が、Kindle本はiPhoneやiPadなら、音声で読み上げる機能があり、それを利用しているため。機械音声のため、まだ不自然な箇所が色々ありますが、内容を把握するには充分。速度は何段階にも調節できるため、かなりのスピードで読み上げることができます。最高速では脳の処理能力がついていきませんので、必要十分。

 

音声のため歩きながらや車の中でも聴くことができます。読むのに比べると、遅くはなりますが手が離せない環境で本を読める(聴ける)のは魅力的。AI音声はどんどん進化しており、そのうち実際に人間が読んでいるのとわからなくなるはず。しばらくは、この機能を使ってみようと思います。

KindleをiPhone・iPadで音声読み上げをする方法

設定(歯車のアイコン)をタップし、「一般」をタップ

 

「アクセシビリティ」をタップ

 

「スピーチ」をタップ

 

「画面の読み上げ」のスイッチをオンにする

 

画面の表示内容を読み上げるには画面上部から下に2本指でスワイプします。Kindleは自動でページめくりしてくれますので、一度スワイプすれば絵や図形がない限り、音声読み上げを続けてくれます。

Kindle本をたくさん持っていて、なかなか腰を据えて読む時間が取れない方は、この音声読み上げ機能を試してみてはいかがでしょうか。

ほな!おおきに!